アフリカ7ヶ月の旅で見た感動の絶景ランキングTOP15

おだやんです!

夫婦で世界一周中をしているわけですが、7ヶ月かけてアフリカを縦断しました。ようやくアフリカ旅の記事を書き終えたぞー!達成感!

さっそく南米記事を書こう!と言いたいところなんですが、夫婦が大好きなアフリカについてもっとお伝えしたいことが盛り沢山!!でもいろいろありすぎて困るのでアフリカの旅で感動した絶景や体験などをランキング形式でお伝えしたいと思います!

1回目の今回は絶景ランキング

アフリカ7ヶ月の旅の中で見た心から感動した絶景を15箇所選び、夫婦で話し合って順位を付けてランキング 形式にしました。それではアフリカ7ヶ月の旅で見た感動の絶景ランキングTOP15の発表です!

 

アフリカ絶景ランキングTOP15

15位・ビクトリアの滝(ジンバブエ)

第15位はジンバブエにある世界三大瀑布ビクトリアの滝!

「景色だけじゃなくて水しぶきを感じられたのも良かったよね〜」

「水量の少ない乾季に行っちゃった割には案外すごくて感動したね」

世界三大瀑布が15位とは驚きかもしれませんが、僕達が行った乾季には水量が少なく、また雨季は水しぶきが凄すぎて滝の全体像が見えないという残念な点があるからです。それでもパワフルな光景に圧倒されました。乾季には二重の虹が見えるのも良かったです!

園内のカフェで食べられるワニ肉ロール、おすすめです。

ビクトリアの滝に行ったときの記事

 

14位・ケープマクレアの夕暮れ

14位はマラウイ南部、ケープマクレアのサンセット!

「心が洗われる景色だったよね」

「うん、プールサイドでカクテルを飲みながら眺める夕日は最高だったね」

マラウイ湖に夕日が沈んだ直後、空がオレンジやピンク、紫と変わっていく様子はまさに絶景でした。また湖なので海と違って波が立たず、空の色が映えやすいのもポイントで、毎日必ずと言っていいほどこうした夕暮れが見れました!

ケープマクレアに行った時の記事

 

13位・フィッシュリバーキャニオン(ナミビア)

第13位はナミビア南部にあるフィッシュリバーキャニオン!砂漠の真ん中に現れたゴツゴツした巨大な渓谷はまさに絶景!

「岩が織りなす景色って壮大だよね」

「うん、地球じゃないみたいだった!」

このキャニオンはアメリカのグレートキャニオンに次いで世界で二番目の大きさを誇る渓谷なのですが、知名度はそこまで無いようです。オフロードを半日進まないと行けないような非常に行きにくい場所にありますが、その分感動は大きかったです!でもこのレベルでも上には上がいるため、泣く泣く13位です。

フィッシュリバーキャニオンに行った時の記事

 

12位・ザンジバル島の夕日(タンザニア)

12位はタンザニアのリゾートアイランド・ザンジバル島で見た夕日!

「カクテルを飲みながらの夕日は最高だったね!」

「お前いっつも飲んでんな」

そもそもザンジバル島は綺麗な夕日が見えるスポットとして有名。そんなザンジバル島の北部にある一番のリゾートエリア・ヌングイで海上に浮かぶバーに行った時にたまたま見れた感動的な夕日でした。アフリカならではの漁師たちの帆船がシルエットとして浮かぶのも素敵でした。ちなみに海上バーでのおすすめのカクテルはワサビサワーです。

ザンジバル島で夕日を見た時の記事

 

11位・ムネンバ島周辺(タンザニア)

11位は同じくタンザニアのザンジバル島の隣にあるムネンバ島の海!

「本当に透明な海だったよね」

「うん、太陽が海底の砂に反射して海が青く光ってるみたいだった!」

この景色はザンジバル島のヌングイエリアから出る「ムネンバ島シュノーケリングツアー」というローカルツアーに参加しないと見れません!味のあるザンジバル島伝統の木製ヨットに揺られながら透明な海を進む道中は最高の気分でした!残念ながらムネンバ島は大富豪ビルゲイツ氏が所有しているため上陸できませんが、ムネンバ島の周囲の綺麗な海で泳げます!

 

ムネンバ島に行った時の記事

いよいよTOP10に参ります!

 

10位・アサレ塩湖のキャラバン

お次はエチオピア北部、ダナキル砂漠の一角にあるアサレ塩湖を歩くキャラバン!

海抜マイナス155mとアフリカで最も海抜が低い場所にあるアサレ塩湖は隣国ジブチまで続く広大な塩の湖で、採取した塩をラクダで近隣の村まで運ぶキャラバンが見られます。

この絶景は写真じゃ伝わりにくいんですが、何がすごいって、超広大な白い大地を1隊20頭ほどのラクダを引き連れた数百ものキャラバンが、地平線の彼方までズラーーつと一列になっていること!しかもそれが毎日休まず何百年も続いているんだとか!すげぇぇぇええ!!!

「おだやんイチオシの景色だったよね」

「うん、これはもうすっげぇぇぇ!!ってなるから」

「語彙力なさすぎ」

これを聞いたときはそうした歴史的背景もあいまってめちゃくちゃ感動しました。エチオピア北部から出発する「ダナキル砂漠ツアー」に参加すると見られる光景です。

アサレ塩湖に行った時の記事

 

9位・ケープクロスのオットセイ(ナミビア)

9位はオットセイの大群がひしめくナミビアのケープクロス!

「やっべぇぇぇぇ!!!!」

「ここまでくるとホント、そういうコメントしか出なくなるよね」

最大20万頭のオットセイが暮らすこの場所は、もちろん世界最大のオットセイ繁殖地。どこを見てもオットセイだらけで、絶対に他では見られない異様な光景が見れます。夫婦ともに地球にこんな場所があったんだと口をポカーンと開けて見てました。大自然や動物好きなら絶対に行って欲しい場所です!

ケープクロスに行った時の記事

 

8位・ギザの三大ピラミッド(エジプト)

お次はギザのピラミッド!

「何がすごいって想像よりもめっちゃ大きいんだよね!」

「うん、一つの石が人間より大きかったもん」

正直いうと僕たち夫婦は歴史や建造物などに全く興味がなかったので「とりあえず行ってみるか」という気持ちで行きました。ですがそんな僕たちですらあまり大きさに感動しっぱなしでした。本当に想像の5倍くらい大きいですから。

こんな偉大な歴史ある世界遺産が8位だなんてお眠りになっている歴代ファラオ達には非常に申し訳ないのですが、上には上がいるんです。

ピラミッドに行った時の記事

 

7位・列車からの車窓(モザンビーク)

7位はモザンビーク北部を走る鉄道の列車から見える光景!

「もう圧巻だった!」

「人間が作り出す景色ってことも面白いよね」

これはクアンバ-ナンプラ間を走る列車が途中の駅に止まるたびに、その村に住む農家や物売りたちが一斉に列車に寄ってきて、乗客に野菜や果物を売る様子。野菜や果物がカラフルなことに加えて、アフリカ女性の衣装も色鮮やかなので、まるで色の洪水を目にしているかのよう!

ちなみにこのランキングで紹介する景色の中で、一番行きにくい場所(時間がかかる場所)にある気がします。

列車に乗った時の記事

 

6位・ダロル火山(エチオピア)

6位は、10位同様ダナキル砂漠の中にあるダロル火山!

「もう地球とは思えなかった」

「絶景もここまでくると理解不能だよね」

あまりのビビッド具合に現地人がわざと着色してるんじゃないのかと疑ってしまうほどの光景。

ここは地中から湧き上がる硫黄成分や鉄分が化学反応を起こし、地球上の景色とは思えない蛍光色の大地を作り出しているそうで、旅人の間では「ナメック星のようだ」と言われています。こちらもダナキル砂漠ツアーに参加すると見ることができます。なんかダナキル砂漠ツアーの宣伝みたいになってきました。

ダロル火山に行った時の記事

さて、いよいよTOP5!

 

5位・ダハブ・バラクーダの巨群(エジプト)

5位は、ダハブのダイビング中に見たバラクーダの巨群!!

「私ダイビング慣れしてなくて正直見る余裕なかった笑」

「もったいない!水中で見た絶景部門は断然1位だよ!」

見た時はあまりの衝撃に過呼吸になってタンクの残圧が激減しました。

エジプトのシナイ半島にある有名なダイビングリゾート・ダハブのブルーホールというスポット(800mもの深さのある海の表層をドラフトダイブする)で潜った時のこと。

遠くからバラクーダの群れがうねりながら近づいてきて、僕たちを取り囲みました。バラクーダの群れはどこでも見られますが、この時の群れはかなりの数でした。さらに世界有数の透明度を誇る紅海なので遠くの方まで群れのうねりが見え、まるで海中に魚の柱が立っているようにも見えました!

ダイビングをした時の記事

 

4位・ンゴロンゴロ保全地域(タンザニア)

アフリカ・タンザニア・ンゴロンゴロ保全地域でのサファリ Ngorongoro safari Tanzania Africa

第4位はタンザニアのンゴロンゴロ保全地域でのサファリ!

「動物も良かったけど、お花畑が凄かった!」

「雨季に行ったからこそ見れた景色だったね」

黄色い花と黄緑色の草原のグラデーションが美しくそれだけでも絶景!それに加え、クレーターの中にあり外界を外輪山で囲まれているこの場所は生態系も特殊で、多様な動物たちが暮らしている様はまさに楽園。天国って多分こんな場所なんだと思います。

見ていて気持ちがいいという意味ではNo.1の景色でした!いや〜もう一度行きたい。絶対行きたい。

ンゴロンゴロに行った時の記事

 

3位・ナミブ砂漠(ナミビア)

Namib desert deadvlei view 世界最古の砂漠・ナミブ砂漠・デッドフレイ(ナミビア )

第3位は、ナミビアにある世界最古の砂漠・ナミブ砂漠!

「もう異世界」

「砂漠がこんなに美しいとは思ってなかったよね」

数百メートルもある巨大な砂丘たち、稜線の曲線美、不思議な写真が撮れるデッドフレイ、そして砂丘の頂上から見える地平線まで延々と続く砂漠。

砂が赤いと言われるナミブ砂漠は、朝日や夕日に染まる瞬間が特に感動的でした!1週間の休みじゃ到底いける場所ではありませんが、この景色を見れるなら会社を辞める価値はあると思います。

ナミブ砂漠に行った時の記事

 

2位・セレンゲティ(タンザニア)

アフリカ・タンザニア・セレンゲティ国立公園でのサファリ Serengeti safari Tanzania Africa

第2位はタンザニアのセレンゲティ国立公園!世界が認めるトップクラスのサファリだけあって目にする光景も絶景だらけ!

「夢に描いてたサファリ以上の感動があったね〜」

「いや〜本当優雅な時間だったね。サファリカーで飲むビールは最高だったよ」

「いい加減にしろ」

まずここは何より!起伏がないから他のどの景色よりも開放感・抜け感のある景色が広がっています。ポツポツ生えてるサファリっぽい木もいい感じ!動物抜きでも絶景なのに!なんと!!

めちゃくちゃいるんですよ、動物が

ライオンやシマウマ、ヌー、ゾウ、キリン、ハイエナ、ダチョウ!もうライオンキングの世界。

しかも気候も暑くも寒くもなく最高。老若男女誰が行っても感動間違いなし!生き物部門・優雅な時間部門ではNo.1です!行ってください。ンゴロンゴロとセットで行けますから。本当、行ってください。

セレンゲティに行った時の記事

さて、栄えある第1位はこちら!

 

 

1位・エルタアレ火山(エチオピア)

アフリカ・エチオピアの絶景・エルタアレ火山・火口からマグマをのぞく Erta Ale Volcano Ethipia

第1位は絶景界の絶対王者、エチオピアにある世界一低い活火山・エルタアレ火山!

「自分が何見ているかしばらく理解できなかったよね・・」

「これを超える絶景は人生でもう現れないかもってくらい凄かったわ」

大きな火口の淵に立ち、グツグツ湧く灼熱のマグマを見下ろすんです。まさに眼に映る光景は地獄そのもの。本当に圧倒されました。

こちらもダナキル砂漠ツアーに参加すれば見られる場所ですが、このツアーが非常に過酷!中でもこの火山の火口に向かうトレッキングが過酷です。どれほど過酷かは下の記事をご覧ください。

エルタアレ火山に行った時の記事

 

さいごに

夫婦で候補の中からTOP15を決めるのはなかなか難しい作業でした・・・。

いやいやピラミッドはもっと上だろとかいろんなツッコミはあるかもしれませんが、あくまで夫婦の独断と偏見ですのでご了承ください。 これからアフリカに行く方!いつか行きたいと思ってる方!特に自然や風景、生き物が好きであればこのランキングにある景色は本当におすすめです!

是非行ってみてください!

・・・

さて、お次は感動した体験ランキングの発表です!お楽しみに!

いいね!の代わりに
下のボタンを 1日1クリック
応援よろしくお願いします
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

関連記事&スポンサーリンク



コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA