夫婦初のヒッチハイクは世界で3番目に大きな氷河まで

おだやんです!

最近飼い猫に振り回されて大変です。構ってほしいときに構ってもらえない・・・でも集中してるときに邪魔してくる。猫を飼うって恋愛と似てるような気がします。

さて、南極クルーズを終えてウシュアイアからパタゴニアを北上中のおだやんとちょく!パイネ国立公園でトレッキングをした後に氷河の街エルカラファテへとやってきて、極上お肉ライフを楽しんでいます。

この日はお目当のペリトモレノ氷河をヒッチハイクで見に行くことに!どうなることやら・・・

ペリトモレノ氷河までヒッチハイク

宿にいた猫。

猫が好きすぎて、当時の人生の夢は世界一周を猫を飼うの二つしかありませんでした。笑

 

さて、エルカラファテの街からペリトモレノ氷河までは車で1時間の距離。バスがたくさん出てるんだけど、金額が高い!なんと往復1200ペソ(=7200円)。それにプラスして一人3000円の入場料がかかるからひとり1万円もかかってしまう!

そこでおだやんとちょくはヒッチハイクで行くことに!どれだけ時間がかかるかわからないから早めに宿を出た。

ペリトモレノ氷河方面に伸びる道路で指を立ててヒッチハイク開始!

南アフリカでちょっとしたヒッチハイクはしたことがあったけど、二人で数十キロもの距離をヒッチハイクするのはこれが初めて。ヒッチハイクっていうと親指を立てるイメージがあるけど、南米では人足し指を立てている人がいたので真似してみた。

ちょく、その指の形なんか違うと思うんだけどな・・・それ毒霧を吐くプロレスラーやで・・・

開始10分でちょくは三匹の犬を集めた。

なにこの無駄な能力。

でもその後ワンコたちがヒッチハイクを手伝ってくれることに。

二人と三匹体制でヒッチハイクすれば車も止まってくれるはず!!

しかし30分が経っても車が通る気配がしない・・・

むしろ後方に他の競合ヒッチハイカーが出現!彼はカナダ人のアウトドアガイド。少し仲良くなった。

ここは見つからなそうなのでもっと街の郊外まで歩くことに・・・

って・・・・郊外には他のヒッチハイカーがもっといるではないか!!!

ちなみにヒッチハイカー業界には暗黙のルールがあって、すでにヒッチハイクをしてる人がいたら新参者はその後方でヒッチハイクしなきゃいけない。そりゃ新しくきた人が自分よりも前でやり始めたらムカつくよね。

全力の笑顔とか、変なポーズとかとにかく色々試す!

すると一台が止まってくれた!

「街の一番ハズレの分岐まで行くけど乗ってく?」

思わず嬉しくて乗ってしまったのが間違いだった・・・

降ろされた街のハズレはこんな感じ。

なにもない・・・・

でも逆にここを通る車は絶対にペリトモレノまで行く。よし、頑張るしかない!

と思ったら前方にさっきのお兄さんたちが先乗りしていた・・・

後方には同じくカナダ人・・・笑

もうみんなでレンタカー借りた方が安いんじゃないか・・・・笑

彼は本当にユーモアのあるやつで、アルゼンチンの文化マテ茶を片手に持っていた。

「マテ茶好きなの?」って聞いたら

「これ持ってたら止まってくれると思うんだ。日本だって扇子持った外国人がヒッチハイクしてたら止めたくなるだろ?」

「あんた天才か」

 

彼を仲間にして粘ること1時間・・・全然車が止まらない。

 

しかももう午後13時すぎ・・・これはもう日を改めた方がいい気がしてきた・・・

 

「どうする?今日はやめて宿戻ろっか?」

 

とちょくに言いかけたそのとき!!

カップルが乗った車が止まってくれた!でも運転席と助手席以外は荷物でパンパン!

どこに乗れるんだろう・・・と思ったんだけどなんとか隙間を作って乗せてくれた!彼女さんなんて荷物の隙間に埋もれてて、カナダ人はトランクで「くの字」になってたほど。

本当にいい人がいるんだなあ。

アルゼンチン人の彼らは車でアルゼンチン中を旅行してるそう。ちなみに彼らはスペイン語、カナダ人は英語しか話せない。だからなぜか俺がスペイン語と英語の通訳をしてた。なんでか知らないけど、この日はめちゃくちゃスペイン語話せてたぞ・・・・これもホームステイしたおかげかな。

1時間走って国立公園のゲートへ。

ひとり3000円の入場料を払う!

園内に入るとすぐに氷河が見えてきた!!

思ったよりもでかいぞ!!!

絶景!ペリトモレノ氷河

メインの展望台の数キロ手前の遊覧船乗り場で降ろしてもらう。

ここでカナダ人が船に乗るというので付いて行った。

最初のうちは少し雨模様でした。

だんだん氷河が近づくと・・・

おお!!!

おお!!!

おお!!!!

デッキに上がる!

ちょうど晴れてきて、氷河の青さが綺麗に見える!

このペリトモレノ氷河は、南極、グリーンランドに次いで世界で3番目に大きな氷河。南極でもっと大きな氷河を死ぬほど見てたけど、ここの氷河はまた違った感じですごく良い

南極クルーズの間は晴れることが少なかったからかな?晴れた日の氷河を見れて割と感動!

時折、ものすごい轟音と共に崩落が起きて大興奮!!!

ものすごい音!そして落ちた時に起きた波もすごかった!

このあと展望台から見た景色も良かったけど、デッキからの景色も最高!

あまりに風が強くてジャンプしたら少し浮けて面白い。

ちょっと浮く遊びがちょくとカナダ人の間でブームとなっていたようです・・笑

南極と違って、緑のある山、青空の景色の中に氷河があるから非日常感があって良いのかも。南極は全部氷だからね。

なんか思ったより感動できた時って嬉しい!

その後は別の車をヒッチハイクしてメインの展望台がある場所へ!

遊歩道を歩いて行きます。

湖に氷が浮いてるって不思議・・・

だんだん氷河が近くなってきた!

なんだろう・・・緑のある風景に氷河が見えるとすごい謎の光景に見える。

そして展望台に到着!!

目の前に巨大な氷河が!

これは久々の絶景なんじゃないでしょうか!!

本当にでかい!!

このペリトモレノ氷河は全長なんと30km、一番分厚い場所で厚さ700mもあるんだとか!

ちなみにこの上をトレッキングするツアーもあるそうで3〜4万円するそう。ちょっと高いと思ってしまうけどこの氷河の氷でウイスキーが飲めるらしい!素敵・・・

ずっと見てられるなあ・・・

ほんと、南極と違って緑とのコントラストが不思議!

う〜ん、大迫力!!

パノラマでもどうぞ!

いや〜正直「氷河は南極でさんざん見たから行かなくても良いんじゃない?」なんて思ってたんだけど、本当に来てよかった!

南極とはまた一味違う絶景だ!

この公園は2時間もあれば見て回れました。

最後は閉園ギリギリになってヒッチハイクできそうになかったので、最終バス(=2,000円)で街に帰りました。笑

なにはともあれペリトモレノ氷河、最高でした!

・・・

さて、パタゴニアではチリのパイネ国立公園でトレッキングし、アルゼンチンのエルカラファテでペリトモレノ氷河を見ました!残るはアウトドアブランドpatagoniaのロゴのモチーフとなった山・フィッツロイを目指します!

拠点の街エルチャルテンヘヒッチハイクで向かおうとするも、またもや困難が・・・・

続く!

いいね!の代わりに
下のボタンを 1日1クリック
応援よろしくお願いします
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

関連記事&スポンサーリンク



コメントを閉じる

2 件のコメント

  • ブログ村(インポイント)1位達成おめでとうございます!!!!
    ついについにやりましたね。
    これからも楽しいお二人のブログを楽しみにしていま~す。(^^♪

  • かず より:

    大変楽しいブログですね!

    なんと夫婦仲がいいことか。
    羨ましい限りです!
    あやかりたい(笑)

    本当に有益な情報で僕も必ず世界一周に行きたい!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA