踏みにじられた日章旗 ウランバートル「ザイサンの丘」で見たもの

ちょくです!

日本から持ってきた折り紙が、予想以上に活躍中!ながーい列車の旅や、仲良くなった人に渡すととても喜ばれます!折り紙レパートリー増やし中!

前回→モンゴル最大の市場!ナラントールザハへ行く

さて、今日はウランバートルを一望できる、ザイサンの丘へ行ってきました!

小高い丘を目指して、ただひたすら南下する

ウランバートルからあまり遠くないところで、観光できる場所はないかしら、と探していたら見つけたのが「ザイサンの丘」という場所。あ、「財産の丘」じゃないですよ、そうだったら泣いて喜ぶけど。「ザイサンの丘」です。

スクリーンショット 2016-06-23 14.04.42

地図をみると、ひたすら南へ3㎞直進!
歩いて行けそうじゃ!ということで、天気も良いし町並みを見ながら歩くことに。

DCIM100GOPROGOPR0775.

下調べ担当のおだやんが「ひたすら南を目指せ!あっちだ!」というので一応信用して歩いていく。

_E6A1873

この日の気温は17℃!歩くのには適温。カラッとしてて気持ちいー

_E6A1869

途中、PARK PLACE という看板を発見。各国への距離が書かれている。
東京は・・・3013㎞。ロンドンとか他が遠すぎて近く感じた。

_E6A1876

道中は工事をしている場所が多く、足場に困る。でも工事よりすぐ横を乱暴に走る車やバスの方が怖い。
モンゴルの人、本当に運転荒くて怖い。ガチで轢き殺しにきています。避けないと、殺られる。

ある程度歩くと、建物の隙間から山々が見えてきた。「南はこっち」というのはあっていたらしい。

_E6A1929

私「どの丘かわかる?」

おだやん「多分、あの中のどれかだと思う」

 

・・・そりゃそうだよ!!

 

ただ『南に進む』というだけで、詳しいことは分からないらしい。ただ南へ、それっぽい丘を目指す。

DCIM100GOPROGOPR0778.

ザイサンの丘手前で、トゥール・ゴル川という大きな川を渡る。11月〜4月は凍結するらしい。

_E6A1880

川沿いでは子どもたちが川遊び。・・・まだ冷たい気もするけど・・・さすがキッズ。

_E6A1882

川の全貌は結構立派。魚釣りをしている人もいたり、結構楽しげ。

 

と、そのとき。

_E6A1886

あれじゃない?

_E6A1885

ザイサンの丘ー!!

これこれ。丸い輪郭の丘に、展望台。
本当にひたすらまーっすぐ南へ直進しただけで見えてきたから、誰でもたどり着けるだろう。
おだやんの『ただ南に進む』というのはあっていた。疑ってごめんね。

600段の階段を登る

ザイサンの丘周辺は、意外にも高級住宅地。ウランバートル駅周辺とは違って、ちょっと洗礼された空気が流れている。

_E6A1889

日本で言う、六本木ヒルズ、青山あたりのスポットっぽい雰囲気。

_E6A1891

そしてザイサンの丘前には「ザイサンスクエア」という高級そうなデパートがドーン。

_E6A1892

こちらがザイサンスクエアの向かいの建物。左の階段がザイサンの丘の階段の入り口。

丘というからハイキングっぽい感じかとおもったら、全然違った。

_E6A1903

舗装された階段をひたすら登る。頂上までは階段約600段。

途中、歴史について書かれた看板を読みつつ上へ・・・

踏みにじられた日章旗

_E6A1905

意外に辛い600段を制覇し、頂上に到着。

_E6A1904

こちらが正面から見るザイサンの丘。正式名称は「ザイサン・トルゴイ」。

_E6A1926

頂上では、オオワシがお出迎え。といっても、観光客用に鎖が繋がれたオオワシ。

_E6A1916

写真を撮るにはお金が必要と言われたので、飼い主が携帯に夢中な隙にこっそり激写。

 

DCIM100GOPROGOPR0779.

ザイサン・トルゴイは1971年に建設された戦勝記念碑。

展望台の内側には、円形にモザイク壁画が一周ぐるっと描かれている。

このモザイク壁画は1939年にモンゴル軍とソ連軍が協力して日本軍やドイツ軍を撃退した様子を描いたものだそう。

たくましいモンゴル軍・ソ連軍が凛々しい。

_E6A1907

踏みにじられた日章旗。

過去の歴史とは分かっていても、ちょっと考えさせられる。

今では親日家のモンゴルだけど、こういう時代があったということが分かっただけでもここに来た価値はあったなと思った。

_E6A1910

頂上からはモンゴルの街を一望できる。

ウランバートルは人口130万人の小さな街。それでもモンゴルの人口の半分を占めている。

それに比べ、東京の人口は1351万人。なんとウランバートルの10倍・・・東京に比べると「小さな街」と思ってしまうけど、モンゴルの首都であり中心。都会を感じる。

 

ゲルは都会にも存在する

_E6A1919

反対側の景色は、ゲルが。ゲルは大草原の中だけでなく、結構街の中でも見かける。

立てるのは簡単だし、引っ越したければすぐに引っ越せる。もしかしたら賃貸の家より利便性は良いのかも?

 

ふと景色を眺めていると目に入ったのが・・・

_E6A1927

屋上の白い物体。

_E6A1928

屋上にゲル。

こういうパターンもあるんですね。

いろんな発見があったザイサンの丘でした!

次の記事→安くて美味しいは正義!モンゴルの定食屋で舌鼓

 

モンゴルの旅記事まとめました!

絶景情報やグルメ、宿、移動などいろんな旅情報が詰まってます!
↓↓↓
【世界一周】モンゴルの旅記事まとめ

いいね!の代わりに
下のボタンを 1日1クリック
応援よろしくお願いします
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

関連記事&スポンサーリンク



コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA