《バックパッカー向け》ケープタウンのおすすめ観光スポット&お店6選

おだやんです!

アフリカを7ヶ月かけて縦断し、ようやく南アフリカ・ケープタウンへたどり着いたおだやんとちょく。今回はアフリカ旅のご褒美として大都会ケープタウンを観光!その中で特におすすめの観光スポットと美味しいお店を紹介します!

目次

1、ショッピング&観光「ベイエリア」
2、ケープタウンを見渡す「テーブルマウンテン」
3、チョコレート専門店「Honest Chocolate Cafe」
4、インド・中東フードコート「EASTERN FOOD BAZAAR」
5、西洋風お寿司が食べ放題「Active Sushi」
6、洋食に飽きたら寿司と和食の「FUJIYAMA」

 

南アフリカの一大観光都市・ケープタウン

ケープタウンは南アフリカに複数ある首都で、観光要素がぎゅっと詰まった街。

ヨハネスブルグやプレトリアと比べて、治安も比較的穏やかなことから、南アフリカの観光拠点としても有名です。そんなケープタウンで行ってみたスポットの中でおすすめの場所を6つ紹介します!

1・ショッピング&観光ならまずは「ベイエリア」

まずケープタウンと言えば、最近著しく開発が進むベイエリア。

クルーザーやヨットの停泊地にもなっているベイエリアには、インド洋・大西洋両方の魚が楽しめる水族館や観光スポットが目白押しです。

おすすめはベイエリアの一角には野生のオットセイの休憩スポット。超間近で大きなオットセイを観察できます。

もちろんおしゃれなショッピングモールやレストラン・カフェが立ち並ぶので、アフリカっぽいお土産や雑貨を買うのにもってこいの場所。

特に女性には嬉しい、可愛くて手作り感のあるクラフトや雑貨がたくさん並んでいるのでオススメ。お気に入りのアフリカ雑貨を見つけてみてはいかがでしょうか?

2・ケープタウン観光の大定番!テーブルマウンテンからの絶景

お次はケープタウンに来たら必ず行くべしと言われるほど定番のテーブルマウンテン。

頂上への一般的な行き方は、タクシー(市街地から600〜800円)や公共バスを乗り継いでケーブルカー乗車駅に行き、そこから登山するかケーブルカー(片道105R /  往復200R)を利用して頂上まで向かいます。

ちなみにケーブルカーは平日でもかなり並んでおり、列は駐車場のはるか後方まで伸びていて1時間以上は待つ必要があるように見えました。

登山口から2時間ほどで頂上に行けます。

足腰に自身が無い方だと3時間かかります。結構キツいですが、スニーカーでも大丈夫です。

頂上からはこの絶景!

ケープタウンの街を一望できます。

頂上の反対側には喜望峰のある半島と大西洋。

自力で登ると達成感もあって感動は2倍。そのため行きは登り、帰りはケーブルカーという選択肢もありかもしれません。景色が良いので本当におすすめです。

3、絶品なチョコレート専門店「Honest Chocolate Cafe」

ケープタウンは植民地支配時代から西洋文化に影響され続け、住民も半分が白人。そのためか街並みにグルメもヨーロッパと同じ。シーフード以外に名物料理などはありませんが、しいて言うならこじゃれたカフェが多いのが特徴です。

中でも地元民や観光客に人気なのがチョコレート専門店「Honest Chocolate Cafe」。女子に人気の絶品チョコ&ケーキが食べられるカフェです。

南部鉄器で出てくる紅茶も気になりますが、おすすめはブラウニー、38ランド(=295円)。

もう超濃厚。アイスクリームも付いてくるのですが一緒に食べるとさらに絶品!300円で美味しいケーキが食べられるので、甘いもの好きは絶対行くべし!

4、インド・中東料理のフードコート「EASTERN FOOD BAZAAR」

西洋料理に飽きたらインド・中東料理はいかがでしょうか。

市街地のビルの一階に吹き抜け状に作られたこのフードコートはインド・中東料理専門のフードコート。近年アフリカにはインドや中東からの移民が増え、こうしたお店が地元でも人気をはくしています。

ここには10店ほどがずらっと並んでいます。中央のカウンターでお会計を済ませて、それぞれの店で食事を受け取ります。

ここはとにかく安く、400円のプレートを二人で分ければお腹いっぱいになります。本場の味が味わえるので、西洋料理に飽きたら是非行ってみてください。

5、外国風のお寿司が食べ放題「Active Sushi」

南アフリカに来てまでお寿司?と思うかもしれませんが、異国の地でアフリカ人が握るお寿司を食べてみたい方にオススメです。海外のお寿司は日本のお寿司とどう違うのか、どこまで似ているのかという面白い食体験ができます。

現地では人気の寿司レストラン。実はこのお店では、なんと一人199ランド(=1550円)でお寿司が食べ放題なんです。

テーブルには日本の寿司屋同様、緑茶にキッコーマンの醤油、わさび、ガリ。

味噌汁も食べ放題メニューにあります。外国人向けだからか、かなり薄味でワカメスープのような味。

気になるお寿司はこちら。

魚の種類は大人の事情でマグロ、サーモン、甘エビのみ。

あとはそれらのネタが手巻きや握りなど大きさ・形を変えて出てきます。

味はそこそこなのですが、注目すべきは厨房。

地元の黒人シェフたちが、一生懸命に寿司を握る様を見ると、なんだか微笑ましく美味しく感じられます。異国の地での寿司体験にピッタリなお店です。

6、寿司・和食「FUJIYAMA」

最後は日本の職人が腕を振るう本格和食のお店。西洋料理にもインド料理にも飽きた方、ホームシックになった方にオススメです。

店内は静かで落ち着いた雰囲気。

南アフリカの物価を考えるとメニューは多少お高めですが、お寿司、丼もの、ラーメンやそば、うどんなど本格的な和食があります。

おしぼりが出てくると、ここがアフリカなのを忘れてしまいそうです。

おすすめは一番人気のお弁当ランチ、120ランド(=950円)。

ここのどの品も本当に美味しい!

男性にはちょっと物足りない量ですが、お寿司も天ぷらも日本で食べるものと同じ美味しさでした。ここがアフリカであることを考えると値段はかなり安いと思えます。日本の本場の味が恋しい方にはオススメのお店です!

日本の物価と比較すると全てが8割ほどの金額なので、観光するにも美味しいご飯を食べるのにも金額を気にせず気兼ねなく楽しめます。是非上記で紹介したスポットに足を運んでみてはいかがでしょうか!

以上、ケープタウンで行ってみたい観光スポット&美味しいお店6選の紹介でした!

紹介したお店や場所のMAP

❶ベイエリア(オットセイ観察ポイント)
❷テーブルマウンテンケーブルカー乗り場
❸Honest Chocolate Cafe
❹Eastern Food Bazaar
Active Sushi
❻Fujiyama

いいね!の代わりに
下のボタンを 1日1クリック
応援よろしくお願いします
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

関連記事&スポンサーリンク



コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA