アフリカ大陸最後の国!マプトから南アフリカへ

ちょくです!

アフリカ大陸をゴリゴリ縦断中のおだやんとちょく!

陸路移動もクライマックス・・この移動が終わればあとは最後の地・南アフリカでのレンタカー旅が待っている。

エジプトからモザンビークまで南下してきたけど、なんだか不思議な気分だなあ。

この日はモザンビークの首都・マプトでゆっくりしながら夜行バスに乗り込みます!

マプトでゆっくり朝時間

この日は夜の夜行バスで南アフリカまで移動する日。

日中は時間もあるので、モザンビークの首都・マプトでゆっくり過ごすことに。

まずはお昼・夜ごはんの食材調達。

路上で野菜を売っていたおばちゃんがいたので、ここで野菜をGET。

おばちゃんの持ってるレタスがブーケみたいで可愛い。大型スーパーは何でも売っていて便利だけど、こういう路上販売も割と好き。

そのあとは久しぶりの首都ということで、甘いものを食べに海沿いへ。

海沿い?という感じだけど、実はモザンビークの首都・マプトはインド洋に望む港町。この港の発展が、モザンビークの発展を支えているんだね。

昨日は暗くてあまり街の様子が分からなかったけど、こんな感じだったんだ。

特段治安が悪い!という雰囲気はないけど、油断は大敵。

警戒しながら街を歩いていく。

そしてたどり着いたのが、こちら!

おお!近代的な外装、なんだか久々だぞこの感じ!

ここはパンやケーキ出しているパティスリー。

なんか、オシャレ・・・!!

サクサクなパイなんて、いつぶり?いつぶり?ねえ、いつぶりー!!!!

興奮しながら顔をあげると、この景色。

海風香るテラス席でパイですよ。

うーーーん、久々!こういうの、久々!

エッグタルトはトロッとしていてめちゃくちゃ美味しい。

昨日のキングパイが劇的にまずかっただけに、身体に染みわたる朝ごはん。

それにしても昨日のキングパイはなんだったんだろうね?

あれは本当にまずかった(笑)

出発までの時間はゆったり過ごすに限る

さて、海沿いテラスでスイーツを楽しんだ後は、宿に戻ってゆっくりすることに。

今回マプトで泊まっているのは「THE BASE」というゲストハウス。

南アフリカまでのバスが徒歩圏内という立地は素晴らしい。あとは特に可もなく不可もなくという感じかな。

でも、この宿、私たちがテンション上がったのはワンちゃんが二匹いること!

人懐っこいんだけど、すごい睨みつけてくる(笑)

「そこなでろよ~そこだよ~」

「おう、そこだそこだ!いいぞー」

ギロッ

「やいやい、そこで写真撮ってる奴、どの面下げて俺様の写真を撮ってるんじゃ!」

かまってほしい割には、歯むき出し(笑)

でも動物って本当に癒し。

旅先ではそこにいる動物たちとしか触れ合えないけど、泊まる宿に動物がいると本当にテンション上がる。

人間と同じで動物との出会いも一期一会で、長期滞在した宿に動物がいると離れるのが寂しい。

こういうのが繰り返されるから、日本に帰ったら動物と暮らしたいなーって思う。

さて、わんこたちと戯れたあとは、ランチ。

ランチは朝路上でおばちゃんから買った野菜でサラダ!

昨日のキングパイがあまりにもまずくて、しかも昨日は一日移動で全然野菜を食べられなかったので、身体が野菜を欲している!

そういう時はむしゃむしゃ食べるに限る!

むしゃむしゃ。

付け合わせはパティスリーで買ったパン。

本当に昨日のキングパイがまずk・・(しつこい)ので、野菜が染みわたります。

さて、今日はティータイムもしちゃいます。

バスが夜発だから日中は都市を探検!宿にこもるなんて勿体ない!

という人もいるかと思うんだけど、残念ながら私たちは全く都市に興味がない。どっちかというと、これから待ち受ける移動や本命のアクティビティに向けてパワー充電したいタイプ。

そんなわけで、夜行バスの出発時間まではゆっくりランチ・ティータイムをして過ごす。

そして出発前に夜ごはん。

もう何度も食べている、私たちの定番「ツナレモンパスタ」。

このパスタがあったからアフリカを乗り越えられてきた・・・というぐらい、感慨深いメニュー。

私が将来レシピ本を出すことになったら(なんだそれ)、このパスタは「アフリカを乗り越えたツナレモンパスタ」「アフリカ縦断を支えたツナレモンパスタ」っていう名前にするよ。

バスに乗って近代文明に触れる

夜ご飯を済ませたら、荷物をもってバスターミナルへ。

そしてバスに乗り込んだらおったまげ。

「お、おだやん!これは・・・!」

「うおおおおー!!!!」

なんだこの近未来バスは・・・!!!!

近代的!!!近未来!!!

「ちょく、天井!ひ、光ってる・・・!!」

「ひいいいいー!!!」

USBさせるーー!!!

まぶし・・まぶしい・・・

今までずっとオンボロなバスに乗り続けてアフリカを南下し続けてきたからか、すべてが近未来に見える。

ぎゅうぎゅうに寿司詰め状態でここまで来たから、「1人一席ある」ということ自体が奇跡なわけです。

これは本当に感動。きっとアフリカを陸路で南下した人にしか伝わらない感動なんだけど一言で言うなら・・「泣ける!超感動!!!」です。

このあとも、いちいち感動ポイントがあって。

これ。ETC的な。整備されてるのすごい。

そして、外からの景色ね。

羽田空港下りて横浜向かうバスの車窓みたいなね。それくらいキラキラ。

そして、普通のスーパーが普通にあるということ。

日本にいたら普通のことも、アフリカを旅しているとすごく貴重なことだと実感する。そして久しぶりにこういう空間に触れると「わーー近代的だー」って感動する。

同じアフリカ内でも、こんなに違うんだ。

アフリカすごいな。南アフリカ楽しみだな。

・・・

これから向かうは、アフリカ随一の経済大国「南アフリカ」。

いよいよおだやんとちょく、7か月のアフリカ縦断フィナーレ!

次回から南アフリカ編に突入です!

 

続く!

いいね!の代わりに
下のボタンを 1日1クリック
応援よろしくお願いします
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

関連記事&スポンサーリンク



コメントを閉じる

2 件のコメント

  • なぎさ より:

    こんばんは!初めてコメントします。
    再開待ってましたー!!
    北海道は寒いと思いますが、体調気をつけてがんばってくださいね。また楽しみにしています!

    • backtothenature より:

      なぎささん

      初めまして!ちょくです!
      コメントありがとうございます!
      そしてブログ再開を待っていてくださってありがとうございます・・・(;;)!
      待っていてくださる方がいるから頑張れます!!

      北海道寒い・・寒いです!(笑)
      でも北海道の春夏秋冬が大好きで移住したので、
      移り変わる景色を楽しみながら過ごしていきたいと思います^^

      引き続き、どうぞよろしくお願いいたしますー!

      ちょく

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA