ついにダイバー憧れの地・トーフへ!(移動記事続き)

おだやんです!

前回、モザンビーク 島からナンプラを経由してトーフへと移動し始めたおだやんとちょく。

いよいよトーフ入りします!

ダイバー憧れの地トーフへ

前日はナンプラからNagi Investmentのバスに乗ってマシシを目指した。でも昨夜になって長距離バスがサービスエリアに止まり、運転手含め全員で仮眠することになった。仕方なくその辺の地べたで仮眠した。

 

朝3時、ドライバーに起こされる。

こんな硬い場所で寝たから、マットと寝袋を敷いてても、朝起きるとちょっと体がこわばっていた。

 

バスはどんどん進む。

途中、バスは有名なビーチリゾート・ヴィランクーロで何人かのお客を下ろし、再び南下する。

朝ごはん休憩。

そして朝8時頃、マシシに到着。バスは我々を下ろすとマプトを目指し去って行った。

バスのトランクに預けていたカバンは砂まみれに。

もうこんなの気にならなくなったなぁ。

マシシに着くとなんとKFCを発見!!!

すげえ!!KFCだよ!

久々にモダンな店を発見してテンションあがった。

このマシシからトーフに行くには下の地図みたいに移動する。

マシシからイニャンバネまで渡し船で移動して、そこからトーフまではミニバス。

とりあえず渡し船の乗り場へ。

左の緑の建物でチケットを買う。一人50メティカル(=90円)。

小さなボート。

乗り込む時、船頭に目をつけられ

「お前たちは荷物が大きいから25メティカル(=45円)多く払いなさい」と言われる。

大きな荷物を持っていた乗客は他にもいたけど、彼らはそんな追加料金なんて払っていなかった。完全に外国人だから多めに取られているみたいだった。

出し渋っていたら「別に嫌なら乗らなきゃいいんだよ?え?どうする?」と船頭。

 

足元見やがって!ムカつく!!

 

絶対に払いたくなかったけど、その間、30人くらいの乗客は俺たちをじーっと凝視していた。みんなの「早く払え」と言う心の声が聞こえてきた。

仕方なく払って船に乗り込んだ。帰りは絶対払わないですむように作戦を立てよう。

対岸のイニャンバネに到着。

人に聞いてミニバス乗り場へ。場所を聞く程度のポルトガル語なら話せるようになってきた。

イニャンバネのトーフ行きミニバス乗り場。

ここでも相場が分からなかった。

でも幸い、俺たちの前に欧米人女性3人組のバックパッカーがいて、見事にぼったくられていた。それをじっと観察して、さらに周りのお客さんにも値段を聞いて、なんとかぼったくれらずに交渉しミニバスに乗り込んだ。

値段は一人50目ティカル。カバン代として10メティカル追加で合計60メティカル。多分50メティカルで行けるはず。ちなみに欧米人女性たちは3人で250メティカル払ってた。

 

1時間もせずトーフに到着!

どこもダイブショップの看板だらけ!

事前に調べていた「John’s Place」という安いゲストハウスへ。

うん、安定のオンボロ加減!

でもダブルの部屋で二人で500メティカル(=1000円)と激安だった。

トーフで一番安い宿はここで、2番目はトーフ村の一番奥にある「Fatima’s Nest」という宿。ここはキャンプが5ドルで、ドミが10ドル。見に行ったけど、結構綺麗でバックパッカーに人気だった。ちなみに「Fatima’s Nest」は首都マプトにある姉妹宿までの送迎ミニバスもドアtoドアで運行している。お金があったら「Fatima’s Nest」に泊まったのになあ・・

 

まあ安いし良しとしよう。

John’s Placeは、設備は汚いけどご飯は美味しかった。

てかアフリカ旅の、チキン一択な感じはどうにかして欲しいです。

トーフの安宿MAP

❶John’s Place
❷Fatima’s nest

※後から聞いた情報だけど、このJohn’s Placeはかつて一度、泥棒被害があった場所だそうです。泊まるなら「Fatima’s Nest」の方が安心かもしれません。

 

トーフを散策

このトーフはダイバー憧れの地とも言われている。その理由は、マンタとの遭遇率が世界トップクラスだから!

もちろんマンタだけでなく、ここにはジンベイザメやイルカ、カメ、運が良ければクジラもたくさんいて、まさに大物水中生物のパラダイス

どうしてもジンベイザメやマンタと泳ぎたかったから、この旅でこのトーフに来ることは我々夫婦にとって欠かせない夢になっていた。

ちなみにシーズンでこんな生き物たちが見れます!

【Tofoのダイビングシーズン表】

出典:http://www.divereport.com

 

そんな憧れの地・トーフについにやって来たぞおおおおー!!!!!!

 

長時間移動に疲れていたけど、あまりに天気が良かったので村を散策!

ヤシの木がたくさん生えててまさにビーチリゾートって感じ。

そしてどこに行っても英語が通じる!!言葉が通じるってこんなに嬉しいのね。

有名なダイビングショップのひとつ「Liquid Dive Adventures」は雰囲気が良かった

ビーチへ!

トーフでのダイビングの特徴の一つは、砂浜から全員でゾディアックボートを担いで出発すること。

ダイビングを終えた数艇のボートが浜に横たわっていた。

ワクワクして来たなー!大物生物、見れるといいなぁ・・

 

この後いくつかダイブショップで料金を訪ねて回ったけど、結局どこも値段は変わらなかった。だから一番対応が親切丁寧だった「Diversity Scuba」で申し込むことに。

トーフでも大手のダイブショップ Diversity Scuba

ちなみにトーフの情報はこの現地の英語サイト「Tofo info」を見るのが分かりやすいと思います。

お次は早速、海で大物ダイビングへ!!

続く!!!



ブログランキングに参加中!
いいね!の代わりに
下のボタンを 1日1クリックで順位が上がります
応援よろしくお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スポンサードリンク

関連記事&スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA