ケープマクレアでのんびりサンセットクルーズ

ちょくです!ご無沙汰しております!

おかげさまで帰国後すぐに行ったトークライブは大盛況に終わりました。

というわけで、

ブログ再開です!!

・・・

マラウイのケープマクレアまでやってきた、おだやんとちょく。

この日は贅沢にサンセットクルーズへ!

のんびりした午前中

エジプトから始まったアフリカ縦断も中盤に差し掛かってきた今日このごろ。

最初はアフリカという謎の大陸にビクビクドキドキしていたけれど、もうマラウイまで来るとアフリカでの暮らしもごく当たり前の日常になってきた。

最近「長期旅のメリットってなんだろう」って考えることがあったんだけど、まさにその答えがこのアフリカ大陸で見つかったような気がする。

長期旅の良いところは色々あると思うんだけど、一つは「その国に慣れて心の余裕が生まれてくること」だと思う。

「心の余裕」が生まれると冷静にその国を見つめることが出来るし、一歩踏み込んで交流しようっていうアクションも起こしやすい。

短期旅行は予定を詰め込んで慌ただしく過ぎていく感じがあるけど、長期旅行にはこの「心に余裕」が生まれるからこそ見えてくる景色があると思う。

・・・

さて、ちょっぴりだけ心に余裕を持ててきたおだやんとちょく。

今日はサンセットクルーズに行くことに!もともとマラウイは夕日がキレイで有名だから、サンセットクルーズと聞いて迷わず参加することした。

クルーズは夕方からだから日中はのんびり。こういう「ただのんびりする時間」も長期旅だからこそ味わえる時間だよね。

泊まっている宿の駐車場には奇抜なデザインの車がズラリ。

今私たちがいるケープマクレアはのんびりできる隠れ家リゾート的な場所なので、バックパッカーだけでなく普通の旅行者もいる。この派手な車はアフリカ各地を巡るグループツアーの車で、このあたりではよく見かけるなぁ。

マラウイ湖では、今日も変わらない日常が。

THEのどか。

住民が食器を洗っているそばで犬がグーッて寝てる感じ。ご近所さん同士お話ししながら洗濯してる感じ。こういう風景って、日本では見られなくなってきたよね。

ここに暮らすマラウイ人の生活は決してリッチでラグジュアリーなものではないけれど、なぜかこののどかな光景をみて羨ましいと思った自分がいた。先進国にはないゆったりとした人間らしい時間の流れがそこにはあって、それこそリッチだなあと思った。

マラウイは統計上見ると「貧しい」と言われるけれど、それって本当にこの国の一面でしかないなと思う。

サンセットクルーズ!

さぁ、時間になりました!

今日のメインイベント、サンセットクルーズへ出発します!

乗るのはこんなボート。

大体どこの宿もサンセットクルーズは毎日運航しているんだけど、値段やボートの質は様々。私たちの泊まっている宿は中級なので、ボートもまぁまぁ良いか感じ。

今日の参加者は南アフリカ人のご夫婦二組と私たち夫婦で、合計6人。

ボートは最初はモーターエンジンを使うんだけど、しばらくしたら帆をはって風の力だけで進んでいく。

ボートは夕日の時間になるまで湖を周遊。ただただまったりと景色を眺める時間が贅沢。

ボートを操縦してくれるのは二人のホテルスタッフさん。

この二人のボートさばきが神がかっていた。風を読むってカッコいい!!

そうしているうちに、夕日の時間に。

マラウイの夕日は、本当に美しい。

他の絶景のような壮大さはないし、特別な名所でもないけれど、この夕日は人々を癒してくれる。

日本にいたころは情報と物に溢れた空間で時間に終われる毎日を過ごしていたけど、そもそも当時はその自覚がなかった。それが当たり前になっていた気がする。

マラウイではそんな情報や物や時間から解放されて、すごく人間らしい時間を過ごせてるなぁって夕日を見ながら実感。

そしてそんな時間を夫婦で共有できて良かった。

 

さて、サンセットクルーズを終えて宿前まで戻ると地元の子どもたちがたむろしてた。

この子たち、実は少年バンド!

木や空き缶で作った手作りの楽器を使って観光客の前でパフォーマンスし、お小遣い稼ぎをしている。そんなバンドがケープマクレアには複数いて、夕方になると可愛い演奏がどこからともなく聞こえてくる。

このバンド、結構ちゃんとしていて、歌とダンス担当、ドラム担当、手拍子担当と、それぞれ役割がわかれていて演奏事態もなかなかのクオリティ。立派な楽器はないけれど、ちゃんと練習したんだなっていうのが分かる。

彼らは自分たちなりに工夫をして、お金を生み出す力を持っているのが凄いと思う。

観光客と話すために英語を学び、振り付けを考えて練習して、観光客が夕日を見ながら一杯飲むタイミングにビーチに営業に出てくる。そんなことをわずか5~6歳ぐらいの子がやっている。これって凄くないですか?

私はこの少年バンドにえらく感動して、2つのバンドに演奏をお願いしてチップを渡しました。本当に感動した!

素敵な演奏をありがとう!

・・・

夜ごはんは宿の「本日のディナー」を食べることに。メイン以外はビュッフェ形式!

そしてメインが、ワイルド。

T-boneステーキの迫力!

とても美味しかった!!

マラウイでは、本当にただただのんびりしているだけなんだけど、しゃかりきに何かしているときより学ぶことが多い気がする。

マラウイ、本当にきて良かったな!

続く!



ブログランキングに参加中!
いいね!の代わりに
下のボタンを 1日1クリックで順位が上がります
応援よろしくお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スポンサードリンク

関連記事&スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA