《タンザニア》アルーシャでサファリ申し込み!気になる2大有名サファリのツアー料金は?

最近夕方になるとちょくが「お腹空きすぎて手が震えるぅ〜っ」とブルブル震えています。食いしん坊の西野カナかな?おだやんです!

さて、ケニアのナイロビからタンザニアはサファリの起点となる街アルーシャへやってきたおだやんとちょく。さっそく念願のサファリツアーを申し込みへ!アフリカンサファリのツートップとも言われるセレンゲティ国立公園&ンゴロンゴロ保全地域を巡る3泊4日(前泊込み)のツアーは一体おいくら?

サファリはどこでやるべき?

いきなり話は一年前に戻るんだけど、世界一周に行く前に我々夫婦はこんな記事を書いていた。→【世界一周準備】夫婦別行きたい場所ランキング

この記事の中でお互い世界一周の旅の中で行きたい場所を10箇所洗い出したんだけど、ちょくはなんとランキングの2番目にアフリカでのサファリをあげていた。

ちょくにとってサファリはそれほど大きな夢だったし、アフリカに来たらサファリは絶対やりたいことの一つだった。

セレンゲティ国立公園の風景。この記事は写真が少ないのでサファリ参加時の写真をちょこっと前出し

でもアフリカのサファリと言ってもケニアタンザニアボツワナ南アフリカと有名どころはたくさんある。一体どこでやれば・・・・

 

そこでいろいろ調べてみた。

日本人バックパッカーの多くはタンザニアやケニアでのサファリは値段が高いので参加せずに、サファリ料金の安いボツワナや南アフリカでサファリをしている人が多いらしい。ボツワナだと日帰りサファリの値段はなんと破格の3000円ほど!

「なるほど、サファリと言っても日帰りとかテント泊、高級ロッジ泊と色々あるんだね」

「3000円でタンザニアやケニアと同じクオリティならボツワナで良いよね」

でもボツワナで格安サファリに参加していた人のブログをいくつか見たら、ほとんどの場合動物はあまり見れていなかったし動物との距離も微妙だった。

「これが世に言う”安かろう悪かろう”か・・・」

 

そしてさらに調べると数あるサファリの中でも特に有名なタンザニアでのサファリ(特にセレンゲティとンゴロンゴロ保全地域)が値段が高いだけに規模・質ともに素晴らしいということが分かった。それに過去に世界一周したあの伝説のダイバー・タテキパイセンも「サファリに行くならタンザニアは欠かせない!」と言っていた。

セレンゲティのサファリでは99%の確率でライオンを間近で見られる

でもタンザニアのサファリは他の国のサファリとは比べ物にならないくらい高額で簡単にポンと出せるような金額ではない。

ケニアでも良いんじゃないか・・・ボツワナでも良いんじゃないか・・・

そんな風に迷っていた時にふと、最近夫婦の中でよく出る話が浮かんだ。

 

・・・・・

 

それは「一生に一度の大冒険なんだからお金なんて気にせず最高のものを見てやろう」ということ。

最近つくづく思うことがある。自分たちもそうだなんだけどバックパッカーっていろんな事情で行きたい場所を諦めなきゃいけない時が生まれてくる。その理由はだいたいこの3つ、シーズン、世界一周への強いこだわり、そしてお金

シーズンは少し考えればうまく合わせられるとして、問題は世界一周へのこだわりとお金。

世界一周へのこだわりとは、絶対に期間内にそして帰国せず一度に世界一周しなきゃ!と意地を張ってしまうこと。特におだやんは最初の頃は強くそう思ってしまっていた。でもそう考えるあまり時間や予算に限りが生まれて、せっかく行きたい場所の近くにいるのにそこに行けない場合が出てくる。(世界一周航空券(期間1年)で旅をしている人もこれと同じ)

そして最大の理由はお金。

「お金がないから」とその国で街をぶらついて終わりという旅人も何人か見てきた。別に人それぞれ旅のスタイルがあるから批判するわけじゃないんだけど、そういう人を見る機会が増えるにつれて我々夫婦は考えさせられた。「我々はなんで旅をしているんだろう」と。

ただ入国スタンプが欲しい訳でもないし、他の旅人の軌跡を辿りたい訳でもない。いろいろ話し合って結局こういう考えにたどり着いた。

お金を気にせず見たいもの見て食べたいものを食べる!

いつから食べる話になったんだというツッコミはさておき、そうした考えから世界でも最高に素晴らしいと聞くタンザニアのサファリに参加することに!!もうお金なんて知らない!

 

現地でツアー申し込みへ

サファリの起点となる街アルーシャには昼過ぎに到着したので、宿にチェックインしてそのまま街のツアー会社へ行ってみた。

我々は過去に日本人が何人か申し込んでいた「7wonders」という会社で申し込んだ。

ツアー会社の場所

緑のピン・・ツアー会社
赤のピン・・日本人がよく泊まる安宿(アルーシャバックパッカーズ)

アルーシャバックパッカーズからツアー会社オフィスまでは歩いて10分ほど。

気になるツアー内容と料金は??

さて、タンザニアのサファリと言えばやっぱりセレンゲティ国立公園とンゴロンゴロ保全地域の2つ!出会える動物の種類と数が段違いだそうです。

大きなクレーターの中にあるンゴロンゴロ保全地域は圧巻

やっぱりセレンゲティとンゴロンゴロの2つには行きたい!

その旨をツアー会社のスタッフに伝えると2つのオプションを提示してくれた。ツアーは食費宿泊費込みのオールインクルーシブで(カッコ)内金額は言い値。

ツアーA($680)
1日目・・移動&マニャラ湖サファリ
2日目・・移動&午後セレンゲティ
3日目・・午前セレンゲティ/午後移動
4日目・・終日ンゴロンゴロ&帰る

ツアーB($510)
1日目・・移動&午後セレンゲティ
2日目・・午前セレンゲティ/午後移動
3日目・・終日ンゴロンゴロ&帰る

さて、ここから交渉開始!

「私たちの3泊4日の予算はひとり550ドル!」と伝えたら「今年に入って税金が高くなったので無理」と言われた。

そもそもセレゲンディが106ドル、ンゴロンゴロが189ドルの入場料がかかるそう(ホントかどうかは分からないけど)。そして車の入場料が295ドルでそれは乗客で割るそう。

いろいろと交渉するも大して安くならない。寝てても世界中から客が集まってくるタンザニアのサファリは完全に売り手市場。それでも少しでも安くしようと頑張った。

別にマニャラ湖に行きたい訳でもないから最終的には2泊3日のサファリ(ツアーB)を選んで、前泊を無料でつけてもらった。さて、気になるお値段はと言うと・・

タンザニアの紙幣、タンザニアシリング

ひとり480ドル!

480ドルもあればインドで2ヶ月は暮らせる!!(←バックパッカーあるある・謎の“インドでの生活費換算”

このツアー金額が最安かどうかは分からないけど、最安ツアーを探すためにアルーシャに何泊もして金を浪費することを考えると納得できる金額だ。

ということで480ドルで申し込みました。ちなみに3泊4日のツアーAは680ドルから640ドルにまで値下がりました。支払いはドルでも可能だけどドルがもったいないのでタンザニアシリングでお支払い。

タンザニアの紙幣・シリングだと215万シリング。

すげえ・・・ベトナムでノートPCを買った時並みにやばい額だ・・・

もちろんこんな大金は持ち歩いていない。だからツアー会社の人に車でATMまで連れて行ってもらいその場で半額支払い、もう半額は翌日ツアー前に支払いという形になった。

 

さて、申し込んだツアーをまとめると・・・

前泊・・・昼過ぎにアルーシャを出発してマニャラ湖近くで宿泊。

1日目・・移動&昼からセレンゲティでサファリ、夜は公園内でキャンプ。

2日目・・セレンゲティでサファリ&夕方ンゴロンゴロへ移動。

3日目・・ンゴロンゴロで終日サファリ&夕方アルーシャへ戻る。
3食&宿泊費込みのオールインクルーシブで・・・

ひとり合計480ドル

 

この申し込みで二人で10万円がぶっ飛んだ。

おだやん「10万あれば東南アジアでハーレムを築けるカヤックを買ってユーコン川を下れるのに」

ちょく「10万あれば小樽の伊勢鮨で3回は豪遊できるのに」

といろいろ考えてしまう額の買い物。

宿に帰ってネットに転がっている大手旅行代理店が組む同じようなツアー(日本出発で航空券代込みの金額で比べていい対象じゃないけど)の金額を調べると50万円を超えていた。すげえ・・・宝くじ当たらないと行けねえ・・・

 

10万円で2泊3日のサファリ。夢が叶うと考えれば安いものだと思う。よし、あとは全力で楽しむのみ!

・・・

さて、明日からはいよいよ絶景&動物写真オンパレードのセレンゲティ&ンゴロンゴロ2泊3日のサファリツアーが始まります!!

サファリ記事はこちら!


ブログランキングに参加中!
記事へのいいね!の代わりに押して頂けると嬉しいです!
下のバナーを 1日1クリックして頂くと順位が上がります。
応援よろしくお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

Booking.comキャンペーン
宿予約サイトBooking.comが今だけ友達紹介キャンペーン実施中!下記リンクから国内外の宿を予約&宿泊していただくとなんとUS$25(約2800円)のキャッシュバック!国内外の宿予約は下記リンクからお願いします!

Booking.comで予約して$25ゲット

スポンサードリンク

関連記事&スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA