イシオロからナイロビへ!凶悪都市は鉄格子の街

おだやんです!

エチオピアのアルバミンチから合計2泊3日でケニアのイシオロまで移動してきたおだやんとちょく。ついにブログはケニア編に突入!

この日は治安最悪と言われるケニアの首都・ナイロビへ移動します!無事ナイロビの宿までたどり着けるのか・・・

イシオロからナイロビへ

ナイロビ行きのバスは6時15分発だったので、5時45分に宿を出た。

イシオロの街はゴミが散らかってて物騒な感じ。まだ夜明け前だから余計に怖い。

バスはモヤレから到着した時と同じ場所に停まっていた。

地図で言うとこのレストランの前あたり。

バスは6時15分ぴったりに出発。エチオピアは満員になり次第出発だったけど、時間に正確って嬉しい!

朝ごはんを食べる時間がなかったので前もって買ってたお菓子を食べる。

ちょく曰く、ケニアで食べた中で一番まともなビスケットらしい。

途中に見た光景。

ケニアでは店の壁にいろんな絵や模様がカラフルに描いてあることが多い。

ケニアの首都ナイロビは標高およそ1700mの高原にあるから窓からの風はだんだん冷たくなっていく。

これまで乾燥した荒野だったのに急に緑が多くなった。やっぱり乾燥した荒野よりも緑豊かな場所の方がいいよね。

怖いぞナイロビ

バスは10時すぎにナイロビ市内へ入った。

これまで旅してたエチオピアは何だったんだ?!ってくらい発展してる。

ナイロビは人口300万人を超えるアフリカ有数の世界都市で、東アフリカの中心的都市。急激に発展したことで治安も急激に悪化したことで、今や世界有数の凶悪都市とも言われるようになった。

治安が悪い!と言われて街を見るとその通り治安が悪い様にしか見えないから不思議。

制服を着た青年から布をまとったおばちゃんまで、もう全員悪人なんじゃないかと思えてくる。

10時45分にバスはダウンタウンの中心部で停まった。

 

っておい。

 

ダウンタウンを終点にすんなよ。笑

動物園のライオンの檻の中に子ヤギをぶち込むようなもんだぞ!

 

もちろん写真なんかないけど、ダウンタウンはゴミゴミしてて人がうじゃうじゃいて落書きだらけ。いつ後ろから刺されてもおかしくないなと思った。

ナイロビでは大荷物を背負って歩いてはいけない!と聞いていたのでここは高くてもいいからタクシー移動。バスを降りてすぐに話しかけてきた白タク運転手にお願いした。

泊まる予定の宿「New Kenya Lodge」までは1000Ksh(=1040円)とかなりボッタくり価格だったけど、物騒すぎて路上で交渉するのも嫌だったのでその金額でOKした。多分400円もしないと思う。

「もしこの運転手が極悪人で変なとろこに連れて行かれて身ぐるみ剥がされたらどうしよ・・・」

「今まで楽しかったよ。あの世で会おうな。」

タクシーの中ですら緊張した。

窓の外を見ると、いろんな場所が高い塀有刺鉄線で囲まれている。最初は「この国刑務所多いな〜」って思ってたけど塀の中をよく見たら普通のアパートや学校だったりする。

どれだけ市民同士信用し合ってないんだ。こんな街絶対住みたくない。

街の中心部へ進む。

そしてNew Kenya Lodgeの前に到着!

宿の場所はここ。

日本人がよく泊まる宿の周りには強盗が張ってるなんてこともありうるそう。だから急いで宿の階段を駆け上がる!

宿の入り口には鉄格子があって鍵がかかっていた。

「後ろから誰かが階段を上がってきて鍵を開けてもらう前に強盗に遭うんじゃ?!」なんてドキドキ。

でも無事、宿に到着!!!マジで良かった・・・・バスを降りた場所から宿までの間が一番緊張した。

日本人に人気のNew Kenya Lodge

ナイロビで泊まるのは日本人バックパッカーがよく泊まるNew Kenya Lodge(ニューケニアロッジ)。最近は韓国人や中国人にも人気だそう。

部屋のタイプはドミトリー(750Ksh)、シングル(1000Ksh)、ダブル(1500Ksh)。もちろんダブルに泊まることに。1泊1500Ksh(=1610円)。(※2017年4月情報)

部屋も綺麗で清潔!

しかもなんと!!

お湯が出る!!!

アフリカの宿でお湯が出るなんて奇跡だと思ってた!

さらに窓には鉄網。これは安心!

キッチンらしいキッチンはないけど、小さなガスコンロが1口あるからパスタくらいは作れそう。

そしてこの宿は毎朝チャイが無料で飲み放題。

屋上からはこんな景色。

宿があるエリアはケニア各地へのバスの発着場になっているからバスやミニバンでごちゃごちゃしていた。

この宿はダウンタウンと高級なビジネスエリアの境目(少しダウンタウンより)にあって決して治安がいいとは言えないエリア。大丈夫かな・・・

凶悪都市ナイロビを歩く

宿でゆっくりしたあとお昼ご飯を食べに街へ。もちろん昼飯代だけを持って。

宿の階段を降りる時、もしかしたらちょくの顔を見るのはこれで最後かもと思った。

「これが最後の夫婦の会話かもね」

「そしたらあの世で会おうぜ!キリッ」

「あ、でもちょく地獄だから会えないね。ププ」

「お前もな」

街は以外と普通だった。

ただどこも店の入り口が鉄格子で覆われたり、入り口のドアに南京錠が5個、多い店で10個以上つけてあってビビった。

この街そこまで危険なの?!

情報によると、ナイロビはアフリカの2016年危険都市ランキングTOP10に入っていて武装強盗や誘拐などが昼夜を問わず頻発しているそう。殺人発生率(10万人当たりの殺人数)は日本が0.28人(2013年)なのに比べナイロビは6.6人とずば抜けて高い訳ではないけど、外国人観光客が狙われやすいという意味では数字には現れない怖さがある。

とにかく一瞬も油断できない街だということ!

慣れてないしあまり遠くまで行きたくないから宿から100mも離れてないファーストフード店「Prime Snack Cafe」へ。

店内に入ると・・・

カウンターに鉄格子!

ええ?そこまで危険なの?!

店の客を信用していない感がすごい。

ここはフライドチキンとポテトがメインの店だったので1/4チキンとポテトのセットが185Ksh(=198円)、ハンバーガー80Ksh、コーラ40Kshを注文。

チキンもポテトもジャンキーな感じでイケる!

ただポテトが脂っこすぎて全部は食べられない。男子にとってはガッツリ系でいいけど、野菜がないから女子のちょくには辛そうだった。

だから夜はスーパーで野菜をたくさん買った。

ケニア、野菜が安い!!

トマトは1kg70円、インゲン豆は1kg40円。安すぎて鼻血が出るかと思った。

・・・

治安の悪いナイロビなんて早く去ってしまいたいんだけど、我々にはどうしてもこの街でしなきゃいけない買い物や米ドルの入手というミッションがあった。

明日から生きて行けるかな・・・

続く!



ブログランキングに参加中!
記事へのいいね!の代わりに押して頂けると嬉しいです!
下のバナーを 1日1クリックして頂くと順位が上がります。
応援よろしくお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スポンサードリンク

関連記事&スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA