ベジタリアンの街 リシケシュのグルメ事情

ちょくです!

現在滞在中の南アフリカは真冬真っ只中。夜はダウンジャケットを着込んで、足元には湯たんぽを忍ばせて寝ています。夏感一切なし!さむ!

さて、ブログの内容はインド・リシケシュ。肉・酒厳禁のこの街で私たちは何を食べたのかー!これだ!

ベジタリアンの街

ヨガの聖地、インド・リシケシュに滞在中のおだやんとちょく。

この街にはガンジス川が流れていて、ヒンドゥー教の巡礼地としても有名。沢山の巡礼者が訪れている。

このリシケシュの特徴は、街全体がお肉とお酒を一切取り扱っていないこと。ヒンドゥー教徒は肉食を推奨していないためこのような食スタイルなんだけど、ポイントは”控えている”ではなく、完全に禁止ということ。

今サラッと言ったけど・・・

街ぐるみで肉・酒禁止って、よくよく考えてみると凄い。この世は肉と酒で溢れているのに、店単位ではなく街全体がベジタリアンって!

私はともかく、おだやんはお肉が大好き。果たしてこの街に馴染めるのか不安だったけど、心配無用でした。

もうね、ベジタリアンメニューの充実度たるや!素晴らしい!どれもこれも美味い!

何が凄いって、お肉が好きなおだやんがお肉がなくても美味しいと言ったこと。革命だよ革命!ベジタブル革命!そんな革命が起きたご飯を今日は少しだけご紹介します。

オシャレな店 Pure Soul

宿泊している宿「キイロイ家」のすぐ近くにあるカフェPure Soul。

ここがもう、女子なら絶対好きだろっていうオシャレカフェ!いつも沢山のヨギーで溢れかえってました。

地図はこちら。

値段はローカルなインド料理屋に比べると高め。でもどれを頼んでもクオリティ高いので値段は気にならない!

落ち着いた空間で、店内に流れるBGMもセンスが良い!

テラス席、店内席あり。店内席は座敷ソファ型で居心地抜群!

ここはメニュー豊富で優柔不断な私は永遠に悩めるくらい。

だって飲み物だけでも3ページあるんだよ?!悩むよ!悩むでしょ?!

特にスムージーが充実していて、目移りしまくる。ああ、胃袋が3つあれば・・・同時に3つ頼めるのに・・・。

あと、ここで目を引くのはアーユルヴェーダ系メニュー!

アーユルヴェーダはインドの伝統医学でヨガとの結びつきも深い。そのためリシケシュにはアーユルヴェーダ施設も沢山ある。そんなアーユルヴェーダに基づいた体質ごとのティーメニュー。ヴァータリラックシングティー、ピッタクーリングティー、カパエナジーティー、こういうのはリシケシュならではで、面白い!

他にも、咳に効くティーブレンドとか、各種スムージーとか、栄養バランスを考えた飲みものばかり。健康に良い食事とかが好きな人にはオアシスのような場所。

 

デトックスチャイ

バータリラックシングティー

カフェラテ

ボーンビルダー 160RS=275円(バナナ、アーモンド、タヒーニ、ソイミルク)

この店に限らずリシケシュのカフェはドリンクメニューがめっちゃある。スムージーやらティーやら、女子のハートを鷲掴みするラインナップ。もう本当に素晴らしい。

おだやんから「ちょくの趣味って”健康管理”って感じだよね」と言われるくらい健康に良いものが好きな私はメニューを見てるだけで幸せの絶頂。注文だけで脳みそ溶ける!

・・・

フードメニューも、充実。

というか、文字多すぎ・・・!

ご丁寧にサラダやスープ、サンドイッチなどは内容までビッシリ書かれている。もう永遠に悩める。

でも、ここの料理はどれも本当に美味しい。お肉やお魚がなくても全然物足りなさなんてないし、大満足!

グリル野菜(値段不明)とローストパンプキンスープ(150Rs=258円)

ピュアソールクラブサンドイッチサラダ添え(230Rs=395円)量が多いので二人でシェアしてちょうど良い!

ベジタブルピザ(199Rs=342円)

ブロッコリースープ(120Rs=206円)とソイベリージョイ(160Rs=275円)

ボブマーリーサラダ(199Rs=342円)上に乗っているのはかぼちゃの種。なぜボブマーリーかは謎・・・

ブロッコリーのサラダ(199Rs=342円)くるみやドライフルーツが入っていておいしい!

インドのローカル店ではあまり生野菜をボリボリ食べる機会がないので、とにかくこの店でボリボリ。

サラダがいちいちオシャレで参考になる組み合わせばかりで勉強にもなりました。

ローカルなターリー屋

カフェも良いけど、やっぱりインドと言えばターリー!

リシケシュにもターリー屋は沢山あって、気軽にいつでも食べられます。写真のようなお店が何軒も並んでいてメニューは大体同じ!

こちらはいつもお客さんで賑わっているラクシュマンジュラ橋手前の商店街にある「Rawat Restaurant」

地図はこちら!

厨房がオープンキッチンになっていて作っている様子が見えるのも楽しい。

インド人のあの料理センスはなんなんでしょうかね。手品か魔法だと思うんだけど。それくらい、どこで食べても美味い!

メニューはこんな感じ。

お気づきでしょうか・・・

そう。そうなんです。

ターリー、めっちゃくちゃ安い!

カフェメニューを見た後にターリーメニュー見ると、その差に驚き。

しかも安いから大したことないんだろ?って油断しているとさらにビックリ。

文句なしに美味い・・・!

これがOrdinary Thali2という70Rs(=120円)の定食

ご飯、ロッティ4枚(写真は2枚だけ写ってます)、野菜炒め、ダル、カレー、ヨーグルト、ピクルス。

お肉もお魚も入っていないのに、めっちゃくちゃお腹いっぱいになる一皿。

値段、量、味、全てにおいて満足度100%!

・・・

ベジタリアンの街と聞いて、最初は大丈夫かなー?と思っていたけど全く問題ないくらい食事には困らなかったリシケシュ。むしろ体が軽いというか、胃もたれもしないから快適!

午前午後とヨガをして、毎食ベジタリアンな食事をして、なんだかどんどん健康になっている気がするぞ・・・!空も飛べるんじゃないかってくらい、身体の調子が快調!すごいリシケシュ!

こんな感じでまだまだ、リシケシュの街を楽しんでいきます!

続く!



ブログランキングに参加中!
いいね!の代わりに
下のボタンを 1日1クリックで順位が上がります
応援よろしくお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スポンサードリンク

関連記事&スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA