リシケシュの素敵な日本人カフェ「おかえり」が女子の好みドストライク!

ちょくです!

実は今、ブログのタイムラグが大変なことになっています。

どれほどかというと、7ヶ月!わお!

なるべく毎日更新したいとは思っているのですが、トレッキングに出たり、ネット環境がなかったりすると更新できないこともしばしば。そうやって気づけば7ヶ月分も溜まるという悲劇。(サボっている訳ではないのに・・!)

そんなわけで、ブログ記事が実際はいつの出来事だったかを分かりやすく記録に残すために、これからは記事の頭に日付を書いていこうと思います。ややこしくて恐縮ですが、よろしくお願いします!

・・・

さて、毎日朝夜の1日2回、ヨガ教室に通っているリシケシュ。ここは1回のレッスンが200ルピー(=340円)という安さなので気兼ねなくヨガライフを送れます。幸せか!

この日はリシケシュで唯一の日本食カフェ「おかえり」へ!

日本人女性が経営するカフェ「おかえり」

2017年2月10日(晴れ)

リシケシュでまったり中のおだやんとちょく。

私は毎日ヨガ教室に通い、念願の「ヨガ漬けライフ」が送れていて本当に幸せな日々。ビーガン生活(野菜生活)にも慣れてきて、最近は体調も良い。健康バンザイ!

この日はリシケシュで唯一の日本食カフェ、「おかえり」に行くことに。

ネットで検索したら出てきて、日本人の間では結構有名みたい。やっぱり日本食ってふとした時に食べたくなるから、海外で日本食レストランを見つけると絶対行きたくなるんだよね。

 

泊まっている宿「キイロイ家」からは徒歩20分ほど。

行く途中に目にするのはオレンジの旗や顔写真が乗った看板。

ちょうどこの頃インドは選挙が終わった後で、街のいたるところに選挙関連の旗やポスターが貼ってある。選挙後はもれなくゴミとなり、道に落ちていてインドらしい。でも街全体が選挙に盛り上がっている様子は見ていて羨ましい気もした。

大通りから一本入って住宅街を歩いて行く。

え、こんな小道?ってところも歩く。お店は結構分かりにくい場所にあるので、行く人は記事末の地図を参考にしてください。

くねくねと住宅街を歩いて、やっと到着!

カフェの看板よりも目立つのはヨガの文字。ここは実はヨガ施設で、カフェおかえりはその1階部分にある。一見門がしまっているから閉まってる?と心配になるけれど、実はこの門は常時しまっているので、勝手に開けて入ってオッケー。

 

大きな門を開けて中に入ると、なんかほっこりする看板が入り口にある。

日本語だー!という喜び。海外で日本語を見るとちょっとホッとするというか、安心する。

店内は座敷が2つ、4人席が2つとこじんまり。

まず嬉しいのが、インドにいるのを忘れるような明るい照明と清潔感!

これですよ、これ!いやー、落ち着くー!

そして小さな本棚スペースには日本語の本がズラーリ。

ヨガ関連の本から単行本、漫画まで。ちょっとした雑貨屋お洋服も販売しています。

こちらのカフェ「おかえり」はインド人に嫁いだ日本人女性・ミチコさんが一人で経営している小さなカフェ。ふんわりした雰囲気がとても落ち着く癒し系な方で、カフェ全体が優しい空気に包まれている。

こちらがメニュー。(ボケてます、ごめんなさい)

ここはお昼のみの営業で、ご飯は1種類のみ。

飲み物とデザートは色々なものから選べるような感じです。

 

気になるご飯は「日替わりのジャパニーズ・ターリー」180Rs(=306円)。

ターリーはインドで定食を意味するのでそのジャパーニーズ版、つまり日本定食!

基本的にはお米、おかず3品、漬物、お味噌汁で構成されるジャパニーズ・ターリーは、毎日違うものが出てくるのでエブリディ通えちゃう!

これがね、美味い!!!

私のハートを鷲掴み。海外で食べる日本食だからではなく、本当に美味しい。日本に住んでて近所にあったら間違いなく通ってる!めちゃくちゃ好みー!!

ベジタリアンな街リシケシュなので、もちろん「おかえり」も全てベジタリアンメニュー。煮物にあるお肉のようなものはソヤボールで大豆でできている。そういったビーガン料理ならではの工夫もとっても楽しい。

カフェっぽく量はそこまで多くないので、おだやんはご飯大盛りにしていました。それでも足りなかったみたいだけど、そこは女子好みのカフェなのでね。仕方ないよね。

 

ちなみにここは基本はジャパニーズターリーなんだけど、週2(時には週1)で巻き寿司デーもある。

これももちろん、ビーガン!

巻き寿司の具は野菜なんだけど、これもまた美味しいのなんのって!

おだやんは最初「野菜の巻き寿司ー?えー。」って言っていたのに一口食べたら「また来よう!」と言っていた。つまり肉食系男子の胃袋も鷲掴み。いやー、うまうまうま。

 

まさかインド・リシケシュにこんな女子好みのカフェがあるとは。

もちろんデザートも最高に美味しい!

冷たい豆乳プリン(黒蜜きなこ)40Rs(=68円)

これが最高に美味しすぎて、夫婦で大絶賛。超美味しい。超美味しい。インドでこんな美味しい豆乳プリンに出会えるなんて思わなかった。ちなみにきな粉はインドにもあるらしい。でもデザートに使うことは少ないみたい。

あと、パフェも最高に美味しい。

フルーツサラダヨーグルト40Rs(=68円)

パフェに入っているヨーグルトも、ミチコさんの手作り!ざくろがポロポロ入っていて美味しい!この写真は小サイズだけど、あまりにも美味しすぎて最終日は大サイズを1つずつ食べました。

 

このカフェは漫画も置いてあって、食べ終わったあとはポーッと漫画を読むことも。おだやんは「聖☆お兄さん」にはまっていました(笑)

カフェおかえり、あまりに美味しくて居心地がよくて、なんだかんだ3回は行った気がする。ご飯もデザートも全部手作りで健康に気を使ったものばかり。

そういえば、海外で日本食屋って結構見かけるけど、日本風のカフェはあまりないかもしれない。大体カツ丼とか天丼とかうどんとか・・・そういう意味では、このカフェおかえりは貴重。特に女子は絶対好きだと思うので、ぜひリシケシュに来たら足を運んで見てほしい。

現在はカレーのお料理教室なんかもやっているみたいです。ちょっと高くて2000Rs〜みたいだけど、ミチコさんの義母さん(インド人)直伝の本場インドカレー教室を日本語で丁寧に教えてもらえるので払う価値ありだと思う!私も受けたい!

カフェおかえりの場所

営業時間:11時〜15時

上記Google Mapは場所がズレています。正しくは下の画像地図を参照ください。



ブログランキングに参加中!
記事へのいいね!の代わりに押して頂けると嬉しいです!
下のバナーを 1日1クリックして頂くと順位が上がります。
応援よろしくお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
(Visited 660 times, 3 visits today)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA