エベレストトレッキング28日目(Bupusa→Nungtala)ヤマンバの正体とラキシーに酔う山男

【これまでの旅ルート】
日本(2016/5/31出発)→中国①→モンゴル→中国②→香港→中国③→ベトナム→タイ→インドネシア→シンガポール→インド①→ネパール→インド②→エジプト→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ(現在地)
※リアルタイムとブログ内容にはタイムラグがあります。

-----------------------------------

ちょくです!

長〜いトレッキングも残すところあと今日含めあと3日!どひゃー!

今日は一気にヌンタラ村まで!今日は久々の炭酸と、行きで仲良くなった女の子ソフィアに会いに行きます!

朝から余裕のtea time

【Day28】12月16日(晴れ)Bupusa(2350m)→Nungtala(2194m)

28日目の朝。今日はブプサかヌンタラまで歩く予定。

この区間を歩いたのはDay5で、あの時は登りがキツくてしんどかった。泣き言をタラタラ言い、私はなんて弱い人間なんだと悲しくなった。そんなあの日から23日。

今日はあの道をひたすら下る日。果たしてどうなるやら。

 朝はパンケーキを頼んだら平べったくて残念。ナムチェのパンケーキは美味しかったなぁ。同じメニューを頼んでも宿によって全然違うものが出てくるのもエベレストトレッキングの面白いところ。ドキドキ感があるよね。

宿の猫に別れを告げて、8:30に出発!!

今日はもりもり下るぞ〜と思いきや、なんだか足取りが重い。

あ、あれ・・・

足がだるくて進みが悪い。ここにきて疲れが出てきたのかな?歩き始めて1時間だけど、だいぶ疲れた。

こういう時は、お茶休憩

気持ち良さそうなテラス席でお茶を頼む。午前中からお茶休憩を挟む余裕。

今まではしんどくても我慢して溜め込んでいたけど、結局最後には爆発すると気づいたのでちょっとしんどかったら「お茶休憩しようよー」と言えるようになった。

当初ははペースが遅いんだからコツコツ歩かないとダメだ。目的地まで時間内に到着できない」と思って休憩も言い出せなかったけど、EBCで爆発以降は、ちゃんと自分の疲れ具合を把握して正直に言うようにしている。

あの爆発で学んだことは多い。無駄ではなかったんだなって思う。

今回寄ったのは、カリコラ村のカリコラゲストハウス。泊まってはないけどとても良さげなゲストハウスだった!

メニューはこちら。

なぜかお酒が充実。ビール、ウォッカ、ジン・・・どういうこと!

下山すればするほど飲み物がどんどん安くなっていて、面白い。私たちはネパールは物価が安さに慣れてしまって紅茶が4〜50円でも「普通だね」って思っちゃうけど、よく考えたら激安だよね。慣れって怖い。

ちなみに、ここではダルバート350ルピー

トレッキング初日から毎日メニューを写真に撮り続けてきたけど、こうやって値段の変化を記録できたのは良かったな。毎回写真を撮ってくれたおだやん、ありがとう。

ゆったりティーブレイク中に目に入ったもの。

う、美しい!

自家製お豆!綺麗に乾燥させていた。

艶がありとても美味しそう!

ダルバート用のお豆かな。こうやって当たり前のように自給自足しているネパール人の暮らしは憧れる。

こういう風景を見るたびに夫婦の間で色んな意見が飛び出す。益々将来の暮らしが楽しみになる!

ヤマンバの衝撃

そうそう。先日のレンジョラパス以降、ヤマンバと言われている私。

おだやん的には「山ガールなんて生ぬるい!ヤマンバが一番の褒め言葉だ!」って感じらしいんだけど、どうも素直に喜べない。ヤマンバかー、そうですか。

それでさっき「ヤマンバってどんなだっけ」と思って画像検索したら、衝撃的なが飛び出てちびりそうになった。

そのスクリーンショットを載せます。

ゆっくり・・・

ユッックリスクロールシテクダサイネ・・・

・・・

・・・

ヒィィィ!!!

なんかこう、おばあちゃん的なのを想像して検索したのに、アフリカの少数民族みたいな女子が出てきて空いた口が閉まらない・・・。どうしてこうなった。

そういえば昔、ガン黒ギャルとかヤマンバメイクとかあったね。今でもやってる人いるのかな・・全く無縁な世界だったけど、懐かしい!!!

 

で、気を取り直して。

改めてヤマンバ(山姥)について調べてみると、

なんと、なんと、なんと、

金太郎の母説があるらしい!

ほぇ!なんだって?!

金太郎と言えば、私たちが結婚式を挙げた南足柄市育ちって話が有名。

え、なんか繋がってる?!いつか息子が産まれたら金太郎になるのだろうか・・・。熊倒せるかな。

さらに調べると、金太郎は「金時豆」の由来であるとか、息子は「金平ごぼう」の由来とか、なんか面白い。

ってか、金平ごぼう食べたい・・・!

・・・

そんなヤマンバの横で、おだやんが夢中で何かを撮っていた。

ミツバチ!

ブーンって羽音が聞こえてきそう。おだやんの写真技術はメキメキと上達していて、とても感心。

こんな風に午前中からゆっくりする余裕が出てきた私たち。こんな生活もあと数日かー。

ヌンタラで乾杯!

お茶休憩のあとは、ひたすら山を下る。

ナムチェ後は特に馬や牛が多くてよくすれ違うんだけど、今日は登ってくる馬が多すぎて、何度も立ち止まったり早足で駆け抜けたりして忙しかった。

ウンチもたくさん落ちていて踏むと滑るし、馬のおしっこがめちゃくちゃ臭くて見つけたら息を止めながら歩いたり。すれ違う馬の背中に乗っている荷物にぶつかったり馬の尻尾がバシンと体に当たったり。

下りすぎて途中から足の指が痛くなり、最後はとどめの登りがあって辛かったけど、無事にヌンタラに15:30到着!

ヌンタラ村に到着後、宿に向かう前にまずは商店へ。

いつもならすぐに宿に向かうんだけど、今日は買いたいものがあって商店へやってきた。

今回商店に行った目的は、

これ!

炭酸飲料ー!

今まで高くて買えなかったけど、今日はプハーッと行きましょう!

プシュッ

ゴクゴクゴク・・・

くぅーしゅわしゅわするー!

プハーッ!

いやー、なんかとても刺激的で痺れた。ちょっと炭酸きつすぎて、全部飲めなかったけど。でも、たまにはこういうのも良いね。

ソフィアと遊ぶ元気な山男とヤマンバ

炭酸飲料を飲んだ後は宿泊するロッジへ。

今回ヌンタラで泊まる宿はもう決めている。前回もお世話になった、可愛いソフィアのいるロッジ!

宿に向かうと「キャー!」とソフィアのお出迎え。私たちのことを覚えてくれていた!

ただいま、ソフィア!今日はお友達も一緒だね!

3人で可愛いポーズ。癒しや!

おだやんはこう見えて子ども好き。幼稚園の先生とか凄く向いてると思う。

はしゃぎまくる山男と子ども達。子ども好きのおだやんは真っ先に二人に抱きついていた。ソフィアも男の子も大興奮で楽しそう!村は遊び相手が少ないから、めちゃくちゃ喜んでいる。

子どもたちの笑顔が眩しい!

遊んで遊んでー!と、パワフル全開の子どもたち。それに全力で答えるおじさん。このあと暗くなるまでフル回転でおんぶ祭りでした。おじさん、お疲れっす!

そして暗くなってリビングへと移動したら、「ヤマンバ遊んで〜」とソフィアがやってきた。

お疲れのおだやんにバトンタッチして、次はヤマンバのターン。

仕方ない。ヤマンバ即興の手遊びで遊ぼうじゃないか。

ウラァアアアー!

高速手遊びいいいーーー!

バシバシバシバシ!!

ぐぅ〜疲れた〜。

ヒャホーー!!

(実は)おだやんほど子どもが得意ではない私。

でもソフィアは底抜けに明るくて、何をしてもキャッキャッと笑ってくれるから接しやすい。

そういえば、ヌンタラ村には何人の子どもがいるんだろう。学校はどこまで通うんだろう。思春期には「こんな山奥イヤ!」とか言うのかな。成人したら都会に出るのかな。

またこの子の成長を見たい、そう思える魅力の詰まった子ソフィア。

いつまでも明るく、元気に育ってね!

ハズレなし!美味しい夕飯と酔っ払い

山男とヤマンバが大分疲れ果てたころに夕飯の時間になりました。

今夜は揚げモモ!!

この真ん中の手作りソースがうんま!

そしてこの具がシンプルなんだけどたまらん!たまらんよ!

中身は人参、菜っ葉、生姜のみじん切り。お肉も入っていないし具材はこれだけなのに、ジューシーで美味しい!生姜が効いてる!

これはぜひ一度作りたいなー。生地もモチモチで美味でした!

もう一品はポテトにチーズと卵のせ!

これもまたシンプルなんだけど、うまー!この宿は何を食べても美味しい。

幸せだ!

おだやんは、久々にお酒を注文して晩酌。ネパールの蒸留酒「ラキシー」を頼んだら、バケツで出てきて戸惑っていた。

しかも、結構強い!

「え、めっちゃ量多い、ってか強い、ってか、うほー、久々のお酒で、うひぃー」

ジャーン。酔っ払いの完成!

ラキシーはどこの家庭でも見かける手作りのお酒。シコクビエ(ひえの仲間)やお米を蒸留して作るらしいんだけど、家庭によって味が違うから面白い。おだやん曰く、焼酎みたいな感じらしい。アルコール度数は結構高くて40〜50度もある。私は一口舐めただけで、むせてしまった。

さて、良い感じに酔ったおだやんは一人打ち上げみたいになってるけど、まだあと数日歩きますよ、残念!

トレッキングもあと残り2日!最後まで怪我なく進むぞー!

続く!

使ったお金

【朝飯】パンケーキとハニー(250Rs)、パンケーキとピーナッツバター(280Rs)、ブラックティー2杯(100Rs)

【お茶休憩】ブラックティー2杯(80Rs)

【昼飯】辛ラーメンで自炊

【商店】コーラとスプライト(300Rs)

【晩飯】揚げベジモモ(350Rs)、フライドポテト卵チーズのせ(340Rs)、ゆで卵(220Rs)、ジンジャーティー小ポット(250Rs)、ホットラキシーハーフジャグ(150Rs)

【宿代】100Rs@Nungtala Everest Hotel

この日の日記

おだやん
降りて、登って。膝が痛い。靴もほぼ壊れかけ。橋の手前で辛ラーメン。村人に珍しがられる。そのあと、パプルにもどる老夫婦とレース。登りの方が楽。登ってくる馬が多すぎ。ヌンタラでコーラ!久々の炭酸。なぜか感動なし。夕方は子どもと遊ぶ。ラクシで酔った。

ちょく
パンケーキが平べたかった。ナムチェのは美味しかったなー。最初は下り。朝起きた時から足がだるくて進みが悪い。カリコラでteatime。やっぱり休むのは大事。最後の辛ラーメン、しっかり茹でればちゅるんと美味しい。やっぱ沸騰したお湯で茹でるって大事。昼食後、ヌンタラに向けて登る。これがキツイ・・・足が(右小指)痛くて辛い。ヌンタラついたら、スプライト。うまい!スカッとするぜ。宿は前回と同じ、ソフィア可愛い。そして元気すぎる。MOMOにちんげん菜と人参と生姜が入ってて激うまい。作りたい。



ブログランキングに参加中!
記事へのいいね!の代わりに押して頂けると嬉しいです!
下のバナーを 1日1クリックして頂くと順位が上がります。
応援よろしくお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
(Visited 581 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA