エベレストトレッキング29日目(Nunthala→Ringmu)チーズファクトリーでのプチ打ち上げ

【これまでの旅ルート】
日本(2016/5/31出発)→中国①→モンゴル→中国②→香港→中国③→ベトナム→タイ→インドネシア→シンガポール→インド①→ネパール→インド②→エジプト→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→モザンビーク→南アフリカ①→ナミビア→南アフリカ②(2017/8/18現在)
※リアルタイムとブログ内容にはタイムラグがあります。

-----------------------------------

ちょくです!

本題に入る前に・・・

ブログに頂いたコメントのお返事をさせて頂きました!遅くなってしまってごめんなさい。コメントはいつも嬉しく楽しく読ませて頂いています。いつもありがとうございます(^^)

さて!トレッキングも残るところ2日!今日はヌンタラからリンムを歩きます!今日も内容盛りだくさーん!

またねヌンタラ、ありがとう!

【Day29】12月17日(晴れ)Nunthala(2194m)→Ringmo(2720m)

ヌンタラの朝。

こうやってロッジで寒い寒いと言いながら朝ごはんを食べるのもあと2日か。なんだか寂しいな。

さて、ヌンタラで泊まっている宿のご飯は本当に美味しい。今朝はチベタンブレッドを頼んだんだけど、これがもうね、

外カリッ中フワッ!最高!!

ちょっとぽっちゃりした若い娘さんが作ってくれるんだけど彼女の料理は「料理が好き!楽しい!」っていうのがすごく伝わってくる。料理ってやっぱり愛情なんだね。

メニューはこんな感じ。

本当に良い宿だったなー。

美味しい料理を作ってくれる若いお母さんと娘のソフィア。

茶目っ気たっぷりで愛嬌の塊!

ヌンタラ村のアイドル、ソフィア!この笑顔に、なんどもノックアウトしたな。これからも毎日楽しく元気に過ごしてね。

今回のトレッキングではいろんなロッジに泊まってきたけど、ヌンタラのこの宿は間違いなく思い出に残った宿上位。

ありがとう、またね!

斬新な牛とショベルカー

さあ、今日も元気に宿を出発したおだやんとちょく。

おだやんの靴はもう修復不可能なレベルまで追い込まれていてボロボロ。

不織布をちぎってしばってみるものの、やっぱり効果は30分くらい。歩いていくうちに解けてきたり緩んできたりする。

「もう、諦めた!」

これまでは紐が解けるたびに、緩むたびに、「あーもう!」ってイライラしていたおだやんだけど、諦めたらどうでもよくなったみたいでスタスタ。

何事も諦めが肝心だよね・・って言うか、カトマンズで買った偽物の靴はあかん!

 

そんなことを言いながら歩みを進めていくと、とってもイカした牛に遭遇。

バッチリ決まった頭!

「今流行ってるんですよ」

と言わんばかりのドヤ顔で茶色の毛が輝いている。セットも完璧です!

朝の光に照らせれた髪の毛をした牛のこの表情。

あまりの衝撃に二人でめちゃくちゃ笑って腹筋が崩壊するかと思ったよ。朝から笑いをありがとう!

・・・

最高すぎる牛と別れたあとは、ひたすら登り。

タルチョがそよそよ風になびくのを横目に、次の村・タクシンドウまで登っていく。

行きでは結構急な下りで2時間で駆け下りたんだけど、今日はその逆。

急な登りをひたすら歩く。標高が下がって汗もかきやすくなり「運動してるなー」って気分。

汗だくになりながら歩いていると、上空からブロロロロ・・と音がした。

見上げると、ヘリコプター。

救助ではなく建設資材を運んでいた。ヘリで運ぶこともあるんだね。

その後進むと、今度はガガガ・・・って音が聞こえてきた。

今度はショベルカーが山を切り崩していた。どうやら道路を建設中みたい。こうやってどんどん道ができて、いつかナムチェまで続くのかな。

道が出来て車が通れるってことは利便性も高まって物資の調達なんかも楽になる。だけどそうなるとその区間を歩くトレッカーが減り、今あるロッジはお客さんが減ってしまうかもしれない。

私たちも、もともとジリから歩く予定だったけど次の村シバラヤまで車が通っていると聞いて急遽シバラヤまでバスで行った。もしナムチェまで道が続けば、このヌンタラの村に泊まる人も激減してしまうだろうな。

虫が良いのは分かっているけど、こうやって変わっていくことがちょっと寂しい。

それにしても、ショベルカーはどうやってあそこまで行ったんだろう・・・。謎だ。

このトレッキング最後の峠越え!!

今日は急な斜面をひたすら登る。

メインのエベレストトレッキング街道に比べると道は狭いし歩きにくい。

なんども汗を吹きながら、黙々と登っていく。下りはスタスタ歩いて2時間だったのに、やっぱり登りきつい。

3時間かけてタクシンドウ村に到着!

おお、車だ!久々に車見た!!

ここは道路も通っているみたい。すごいなあ。

村には馬がたくさん。ちょうど飼い主さんがお昼を食べていて、みんな大人しく待っていた。

私たちもここでお昼を食べようかと思ったけど、もう少し先にあるタクシンドウ峠で食べようってことになり、歩き続けることに。

がしかし

村の端っこにあったお宅から、何やら良い匂いが・・・!我慢できずちょっと立ち寄ることに。

小さな商店を経営している普通の民家。

家の中でおばちゃんがドーナツっぽいものを揚げていて、あまりに美味しそうなので2つ注文!

揚げたてほやほや!そしてミルクティーも!

このドーナツは、米粉を使ったネパール伝統のドーナツで「セルロティ」というもの。

これがもうもうもう!!超美味い!!!!

サクッとしていて軽い食感でパクパク食べられる。米粉なので、小麦粉のドーナツみたいにずっしり重くない。軽めのおやつには最適!もしこのセルロティを見かけたら、ぜひ食べて欲しいネパールの味。

あまりの美味しさに、この表情。

おでこのしわが気になる年頃になってきました・・ね。

セルロティでエネルギーチャージをしたら、猛スピードでタクシンドウ峠を目指す!

馬とすれ違い様にケツアタックされつつ、砂利道で滑りつつ・・・

到着!!

ああ、これまで何個峠を越えてきたんだろう。

ついについについに、最後の峠、コンプリート!!

・・・

さて、最後の峠の頂上でランチタイム。

先ほどセルロティを食べたので、お昼はパスタを二人で半分こ。

シンプルなチーズパスタ。うん、普通だった(笑)

行きでも見たストゥパ。

2015年の地震で一部崩壊している。崩れている部分をよーく見るとブロックの石がつまれていた。

「怪我なく、無事にまたここに戻って来れますように」

行きではここでそうお祈りをした。

その言葉通り今こうやって怪我なく無事に戻ってこれたことが嬉しい。そしてストゥパさん、見守ってくれてありがとうございました!

最後の山道

昼食後は、リンモ村を目指して歩く。

今回のトレッキングももう終盤で、歩くのは明日が最終日。

でも明日はほとんど車道を歩くのでちゃんとした山道は今日が実質最後。

最後の山道を歩いている時は「明後日カトマンズで何を食べようか」ってことで頭がいっぱいだった。

カツ丼?親子丼?天丼?いやー、鍋焼きうどんにしようかな。

って、ああ!煩悩にまみれててお恥ずかしい。

午前中は急勾配な登り坂できつかったけど、午後は緩やかな下り。

食べたいご飯のことを考え終わったら、今回のトレッキングを思い出しながら下った。

富士山にも登ったこともなく、エベレストがどんな形かも知らないまま挑んだ今回のトレッキング。

正直「30日歩き続ける」って全然イメージが湧かないまま軽い気持ちでスタートした。

そしたらとんでもない日々だった。

初日からキツイ登りで辛くて、

翌々日にはありえない峠を越え、

7日かけてやっとスタートラインに立ち、

ナムチェで二人して体調を崩し、

たくさんの仲間に再開し、

カラパタールで完全燃焼し、

EBCで私が大爆発し、

チョラパスで死を覚悟し、

楽園ゴーキョで感動し、

レンジョパス後に宿難民になり、

その後下って下って下って・・・

29日間も歩いてきた。

 

ただ歩くだけと思いきや、落ち込んだり怒ったり泣いたり笑ったり感動したり、感情のジェットコースター。こんなに濃密は1ヶ月はきっとこの先ないんじゃないかなってくらい、濃縮度300%くらいの日々でした。

今回の旅で、エベレストトレッキングができて本当に良かった!!!

・・・

さて、リンモ村の手前のキャベツ畑。

結構いろんなところでキャベツは見かけるんだけど、どこのキャベツもまるで宙に浮いているみたい。

ニョキ!!って感じで、元気があって良いね。

普通のキャベツ畑見たことないけど、これはなんか面白いと思った。

チーズファクトリーでチーズパーティー!

いろんなことを考えている間に、リンモ村に到着!

今日泊まるのはココ!!

チ、チーズファクトリー!!

ずっと狙ってた宿。行きではお茶をしただけで、帰りに絶対泊まろうと決めていた場所。

今日はここでトレッキングのプチ打ち上げ!

メニューはこちら!

ローカルハードドリンクの欄には、アップルブランデーやアップルワインが!

リンモ村はりんごの産地なのでりんごメニューが豊富!

そしてこの宿はチーズファクトリーという看板通り、チーズを製造しているのでチーズもガッツリ食べられる!

ネパールの自家製チーズは美味しいからもう楽しみ!!プチ打ち上げなのであれもこれも贅沢に注文。ああ、夜が待ち遠しい!

・・・

ご飯の時間になるまで外にいた可愛いワンコと遊ぶ。

旅していると当たり前のように野良犬・野良猫を見るんだけど、ネパールの犬ってめちゃくちゃ可愛い。人懐っこいし、ふわふわだし、愛嬌のある顔をしている。

タイとかインドの犬はちょっと怖かったな。ネパールの犬はとても穏やか。

こんな間近でストゥパを見るのもこれが最後かー。

暗くなる前に部屋のセッティングをしにロッジへ戻る。

いつも食べる前に必ずベッドをくっ付けてダブルベッドにセッティングする。ご飯を食べると一気に眠くなって何もしなくなくなるし、宿によっては電球の光が弱くて暗いから物が見えずらかったりする。明るいうちにパパッと済ませるのが良し。

この宿は日当たりもよくシーツも可愛くて良かったな。部屋も広々でゆったり!

ご飯が出るまでの間、おだやんは自家製アップルブランデーを注文。

鮮やかな赤。器もアップル!!

そして気になるお味は・・・焼酎

もっと甘酸っぱいのかなと思いきや、ガッツリ焼酎で強い。りんごを使って作っているんだろうけど、アルコールの味の方が勝っちゃった見たい。

晩酌中、外では雪山が夕陽に照らされて光っていた。

今では当たり前になった雪山も、初日は遠くに見えた瞬間とても感動したな。

陽が落ちてから暗くなる寸前、一瞬だけ赤く染まる雪山がたまらなく好き。

こんな素敵な絶景に出会えて、幸せだ。

・・・

陽が落ちたら、お待ちかねのプチ打ち上げ。

ポテト、野菜包みパイ、ピザ、茹で卵に、自家製チーズ!

豪勢に食べまくるぞー!

トマトたっぷりのピザはチーズがたっぷり!

菜っ葉の炒め物が詰まった揚げパイも絶品!

そして自家製チーズ!!!これが本当に美味しい!

どうやったらこんなに美味しいチーズが手作りできるんだろう。今回のトレッキングではたくさん自家製チーズを頂いたけど、本当にどこも美味しかった。ネパールのチーズは本当にオススメ!

ここぞとばかりに注文して、もうはち切れんばかりに満腹。

・・・

はあー、もうすぐ終わりか。

もう終わっちゃうんだなー。笑いあり涙ありのトレッキングも残すところあと一日!

明日に続く!!!

使ったお金

【朝飯】チベタンブレッド&ジャム2皿(460Rs)、ミルクティー(50Rs)、アップルティー(50Rs)

【おやつ】ミルクティー2杯(80Rs)、揚げドーナツ2つ(60Rs)

【昼飯】チーズスパゲッティ(400Rs)を分け合う

【晩飯】トマトチーズピザ(350Rs)、ゆで卵2つ(150Rs)、野菜の春巻き(275Rs)、フライドポテト(300Rs)、、ポテト炒め(250Rs)、チーズ100g(150Rs)、アップルブランデー(120Rs)、ジンジャーティー(60Rs)

【宿代】250Rs

この日の日記

おだやん
チベタンブレッドが他と違ってちゃんとしたパンだった。うまい!靴がぶっ壊れたけど、もう諦めた。ひたすら登ること3時間、タクシンドゥ村でお茶&ドーナツ。その後30分でタクシンドゥ峠の頂上。このトレッキング先後の登りが終わった。チーズパスタは普通…その後30分下ったらリンモ。泊まりたい宿のリビングで村人が集まって会議をしていた。2015年のネパール大地震で壊れた家々を再建する大工達のミーティングらしい。久々にシャンプーした。りんごブランデー(焼酎)、夜はチーズ三昧!あと1日でトレッキング終わり!!!

ちょく
チベタンブレッドがフワフワで美味しい!ドーナツみたいで外カリ中フワ。登りの方が足の小指が痛くなくて良い。けど、やっぱりキツい。タクシンドゥ村は馬が多かったから歩いている時もよくすれ違う。登り途中でtea break。メニューは無い小さな民家でミルクティー。ちょうど揚げ物をしてたので試しに注文したらサクサクのドーナツうま!!売ってくれた人はネパールチャパティと言っていた。トウモロコシ粉のドーナツ?夜はチーズチーズ!6ヶ月かけて作られたチーズうまい〜!!翌日の朝ごはんにはアップルパイを注文!!



ブログランキングに参加中!
記事へのいいね!の代わりに押して頂けると嬉しいです!
下のバナーを 1日1クリックして頂くと順位が上がります。
応援よろしくお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
(Visited 666 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA