世界一の豪雨地帯が生んだ知恵!インド・ノングリアット村の生きてる橋

おだやんです!

ダージリンから1泊2日かけてノングアット村まで移動し、初日からホームステイを体験したおだやんとちょく。翌朝、生きてる橋と言われるダブルデッカーを見に行くことに!

旅した場所↓

奇跡の橋「ダブルデッカー」

夜は暑くも寒くもなく、蚊がいたけど自前の蚊帳があったから快適に寝られた。

ホームステイ先ででてきた朝ごはん。

揚げチャパティとチャイ。シンプルだけどめちゃくちゃ美味しかった。

ホームステイした民家。ホームステイって言っても有料だけど、晩御飯がインドで食べた料理の中でもトップクラスに美味しかったし大満足の宿だった。

この小さな家には6人家族が暮らしているから驚き。でも家ってそんなにたくさん部屋は必要ないんだなと感じた。

さて、さっそくお目当ての「生きた橋」を見にいくことに。

世界一の降水量を誇るこの地域には、木の根っこで作られた生きた橋が点在している。中でも上下に2本の橋がかけられた「ダブルデッカー」は、生きた橋の中でも一番有名で、この村から徒歩3分の場所にあるという。

村の子ども。顔はインド人というよりも東南アジア人に近い。

歩いて3分も経たないうちにダブルデッカーのゲートがあった。写真は帰りに撮ったもので、早朝には実際誰もいなかった。

本来ならここでひとり10ルピー( =15円)の入場料を払うんだけど、我々は後で徴収のために巡回してるおばさんに払いました。

ちなみに、この看板の一番下に書かれてる村から歩いて1時間の「 レインボーフォール」は翌日言った場所。インドで見た景色の中でも最高に素晴らしいものだった。でもその話は次回。

ゲートをくぐるとすぐに滝壺があった。

そのプールの下流側(写真右端)に橋発見!ここからだと木なのか橋なのか分からない。

下から見上げると・・・

これがダブルデッカー!

遠巻きに見ても、正直普通の橋にしか見えない。

でもこの橋、実はめっちゃすごいんです。歩いたら分かります。

上下の橋はそれぞれ20mくらいで、それが全部木のつるのような根っこで出来てる。

「根っこで出来てる」って言われても、どういうことなのか分からない。

「全部根っこ?んな訳ないやろ」とか思ってしまう。

でもよく見ると、本当に両岸の大木から生えた根やつるがそのまま編まれて木になってる・・・

すげえ!

よく見るとすげえ!

なんか別に絶景とか壮大な見た目じゃないんだけど、もののけ姫に世界みたいな自然の神秘性を感じる。

実はこの橋、この地域に暮らすカシ族の自然災害を乗り越える知恵の結晶だった。

バングラデシュとインドの境目であるこのメガラヤ州チェラプンジ地域は年間降水量が世界一。中でもこの谷はチェラプンジがある高台のすぐ下にあるジャングルで、昔から雨季には洪水や川の氾濫に苦しんでいた。

道路は通っていないこの地域はにとって隣村や都市部に行くための橋が必須。でも木で橋を作っても毎年橋が流され、現代になりコンクリートで作ってみてもやっぱり洪水には勝てなかった。

「人工物だと自然災害にはかなわない」

そう考えた村人たちは、知恵を絞り生きた木の根を長い年月をかけて対岸に伸ばし続け、30年かけてこの根っこの橋を編み上げた。

20mの橋を作るのに30年。でもこれこそが人類の知恵だと思う。

先進国だと力で無理やり自然災害を押さえつけようとしがちな気がするけど、生きた木で橋を作るって発想が素晴らしい!

いまでは村周辺にはこの根っこの橋がいくつもあり、洪水で橋が流されることはなくなったそう。

そんな村の歴史を知って歩くと、感動が全然違う!

ちなみにここはダブルデッカーで橋が二重にかかってますが、同じような根っこに橋はいくつも点在しています。

この橋のいいところは、下がプールになっていて水浴びできること。

反対側から見たダブルデッカー。

さて、ダブルデッカーも見飽きてきたのでダブルデッカーのすぐ下流にある村人の洗濯スポットで村の青年たちと一緒に洗濯。

干す場所もあります。

この村にやってきたもう一つの驚きは、めちゃくちゃ蝶々が多いこと。

たくさんの種類の蝶々がジャングルの中をフワフワ飛んでる。RPGに出てくる精霊の森(HP回復できる的な場所的)みたい。もう移動の疲れなんて回復しまくりですよ。

観光客が少なくて本当に静かで過ごしやすい!村には常時10人くらいの旅人が泊まっていて、チェラプンジから日帰りでやってくる観光客もほんの少し。

みんな日帰りで来るけど、この村は絶対に泊まった方がいい!絶対!チェラプンジから3000段の階段を降りて橋を見て、また階段登って帰るなんて全然オススメしない!

10月がベストシーズンなのか知らないけど、雨季じゃないから気温的にも湿度的にも快適そのもの。

 

 

ノングリアット村、本当に来て良かった。

個人的にはモンゴルに匹敵するくらいに感動した村。

でも翌日、このジャングルの奥地でもっとすごい絶景&感動が二人を待ち構えていました・・・

続く!

次は奇跡の絶景「レインボーフォール」に行ってみた話です!お楽しみに!



ブログランキングに参加中!
記事へのいいね!の代わりに押して頂けると嬉しいです!
下のバナーを 1日1クリックして頂くと順位が上がります。
応援よろしくお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
(Visited 166 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA