トラは見れるか?!世界最大のマングローブの森ツアー(2/4)

【これまでの旅ルート】
日本(2016/5/31出発)→中国①→モンゴル→中国②→香港→中国③→ベトナム→タイ→インドネシア→シンガポール→インド①→ネパール→インド②→エジプト→エチオピア→ケニア→タンザニア(現在地)
※リアルタイムとブログ内容にはタイムラグがあります。

-----------------------------------

ちょくです!

コルカタから1泊2日のマングローブツアーに来ている、おだやんとちょく。

トラは見れるか?!世界最大のマングローブの森ツアー(1/4)
ちょくです! コルカタから1泊2日のマングローブ探検スタートです!盛りだくさんだったので4つに分けています! バンに乗って出発...

午後は内容盛りだくさん!

みんなでマングローブを見て、船から夕日を見て、インドの伝統音楽を鑑賞しながら、気付けば踊り狂ってダンシングハイ状態に・・・!?

果てしなく続く田んぼ、日本と変わらぬ景色

ランチ&休憩をしたあとは、みんなでお散歩へ!

私たちが泊まっているロッジは小さな村の外れにあるんだけど、お散歩は村の中を突っ切ってマングローブへ行くコース。

村と言っても、かなり小さいので人はあまり見かけない。

一切舗装されていない小さな小さな村はとってものどか。思わず深呼吸したくなる!

そして、ここにはヤギがたくさん。歩いているとそこらじゅうで遭遇する。

メエ〜って高い鳴き声が聞こえたと思ったら・・子ヤギがいた!

か、かわいい!癒し!

よーく見ると、ヤギはヤギでもモンゴルのヤギとちょっと顔つきが違う。種類が違うのかな?モンゴルのヤギも可愛かったなあ・・っていうか半端なくいたな(笑)とにもかくにも、ヤギってどうしてこうも可愛いのか!

ちなみに、おだやんとちょくの将来の小さな夢はヤギを飼うこと。ヤギのお乳でチーズを作って、ウンチは家庭菜園の肥料にする。ヤギは野菜クズも食べてくれるから無駄なく無理なく一緒に暮らしていける。最近、こういう話ばっかりしている(笑)

田んぼがずーっと先まで続いていて、道にはヤギや羊がいて。車がいないから凄く静か。

こういうところ良いなあ。

インドって汚いイメージだったけど(勝手にごめんなさい)、少し田舎に行けば全然そんなことない。果てしなく続く田んぼは日本と何も変わらないし、空気も美味しい。

みんなで集合写真をパチリ。

なんか左に寄ってる・・田んぼを写してくれたのかな。お母さんと息子のポーズがお揃いでカワイイ(笑)

のんびり歩いていたら、パンツ一丁の少年が現れた!

「やあ」って感じの少年。裸足で田んぼ周りを駆け回ってました。逞しく成長するんだろうな。

衝撃のマングローブ森

しばらく田んぼ沿いを歩いたら、マングローブエリアに突入!

ガイドのジェイがマングローブについて色々と説明してくれます。ジェイはずっと裸足で過ごすワイルドさがあり(靴が買えないとかではなく、靴が嫌いらしい)、性格は人懐っこくて面白いんだけど、真面目な一面もあってマングローブや自然のことについてはどんな質問にも答えてくれる。

この仕事に就いたときに、たくさん勉強したんだって。

「だって、僕はガイドでしょ?お金をもらっているんだから、なんでも答えられないと!」

私が22歳のときは、こんなにしっかりしてたっけ。人として尊敬する!

さて。マングローブとは、熱帯や亜熱帯地域に海水が混ざり込んで出来た森のこと。

一つの植物を指すのではなくて、海水が浸った状態の土地に生えている植物全てが対象。土は海水が混ざって泥沼のような地質で、ネチャネチャっとした感じ。この沼地で植物たちは生きている。

泥沼の中は酸素が薄く呼吸がしにくいんだけど、でも植物も生き物。生きるために呼吸をしなくてはいけない。

そこで植物が考えたのがこの方法。

根っこの先を地上に出して呼吸をする方法。

まるでスーハーって息遣いが聞こえてくるよう。塩水で呼吸する植物たち、その生きる姿は独特でたくましい。

この根っこ、「呼吸根」っていう特別な構造を持つ根っこ。普通、根っこって下へ下へ伸びていくだけど、この呼吸根は上へ伸びて地表から顔を出す。なんか・・すごい。

裸足のまま、マングローブの沼地に入っていくジェイ。

ええ、足ドロドロじゃーん!って思っていたら振り向いてこの笑顔。

「カニゲットー!」

マングローブにはカニがたくさんいる。そのカニを掴んで見せてくれた。知識だけじゃなく、お客さんを楽しませようとサービス精神旺盛のジェイ。今回のツアーは、ジェイのおかげで本当に楽しい。

マングローブ沿いを歩いていると、地元は少年たちが遊んでいた。

「撮って!撮って!」

キメ顔のお兄ちゃんと、ピースサインの弟。

民家を横切ると、どの家にも貯水池が。魚を育ててるんだって。

この貯水池、必ずと言っても良いほどどの家庭にもある。育てて食べる。シンプルだけど凄いなぁ。

歩いていると、またヤギに遭遇。

村の女の子たちワンピースが似合う!

子ヤギも可愛い!

お揃いの赤い首輪をつけたヤギたち。たまたまだろうけど、ここら辺のヤギは黒が多かったな。

端まできたら、ちょうど夕焼け。

みんなでしばし夕陽を眺める。

ただ夕陽を眺めるって、とっても贅沢な時間。仕事をしていたときは、明るいうちに帰ることってあまりなかったし、そもそも東京のコンクリートジャングルで夕陽を見ようって気にはなれなかったけど、旅に出てからは、おだやんと色んな所で夕陽を見ている。


今では当たり前な日常だけど、肩を並べて夕陽を見るって実はとても贅沢なこと。これからも続けて行きたいな。

夕暮れの中を小船でプチクルーズ

夕陽が沈んだらボートに乗ってゆったりクルーズ。クルーズと言っても小船に乗るだけだけどね。

ちなみに、行きで乗ったボートは干潮でこんな状態に!

小さなボートでゆったりクルーズ。

手漕ぎだから、エンジン音も一切なかった静寂。その中で響く鳥の鳴き声が凄い。

遠くから微かにピヨヨ…とかじゃなくって、近くでピヨーッ!ピャーッ!って感じ。静かだから響く。

たまに鳥の大群が一斉に飛び立つんだけど、そのときもバサササササーッ!って凄い羽ばたくからビックリする。

ジェイがまた何かを見つけた。

ボートを沼地に近づけてヒョイっと持ち上げたのは・・・

カブトガニ!

うわあああ

人生発カブトガニ!こわっ!

「ねぇねぇ!撮ってー!」

ぎゃー、こんなこと絶対できない・・

両側がマングローブの静かな川を時にふざけながらゆっくり進んでいく。

もう太陽は沈んでいるけど、ほのかな明かりに照らされたマングローブはとても神秘的。

暗闇でパコラタイム

戻ったら、ティータイム。
陽が落ちて真っ暗の中、小さな灯りを囲んでチャイとインド定番の揚げ物、パコラをつまむ。

「夕飯前に揚げ物かぁ〜。クッキーとかで良いんだけどなぁ。」なんて思ってたら、おったまげ!

このパコラが美味しい!

パコラはタマネギにスパイス入りの衣を付けて揚げたインド版フリッター。具材はシンプルなのに、サクッとしてて味もスパイスが効いててパクパク食べられる。タマネギの他にも他に具を入れたりもするみたい。日本で言う、かき揚げだね。

インド人の親子も、アビ・ニビの2人も、みんなパコラだ〜〜って、パクパク食べていた。

みんな大好きパコラ。
いや〜本当美味しかった!

パコラをつまみに甘いチャイをすすって上を見上げると、満点の星空。手元ではろうそくがゆらゆら揺れている。

真っ暗なマングローブの隅っこにいると、人間ってなんてちっぽけなんだろうって思えてくる。あー、地球万歳!

インドダンスでダンシングハイ!

ティータイムのあと、ロッジの方へ戻ると地元の人たちが楽器を抱えて待っていた。

そして始まりました、
インドの伝統音楽鑑賞ー!

太鼓や笛で奏でる音楽は、心臓にズンドコ響く響く!
そして、おじさんたちの歌はバツグンの声量で声が伸びる伸びる!

力強いインド音楽、初めてちゃんと聴いたけど凄くカッコいい。そしてノリノリのおじさんたちはもっとカッコいい。

何曲目かのとき、突然ジェイが立ち上がり手を叩き踊り始めた。

ジェイ「イェーーー!!」

外国人一同「えっ?」

するとそこに親子が加わる。

親子「イェーーー!!」

外国人一同「え、ええっ?!」

そしてそのまま手を引っ張られて強引に、エビバデダンス状態に(笑)

インド勢「エビバデダンス!ダンス!」

一同「イイェーーーイ!!!」

さっきまで目を閉じて胸に響く音楽を感じていたのが一転、全員総立ちで踊りまくる!エビバデダンス!

太鼓のズンドコと笛のピーヒャラ、おじさんの伸びの良い声に合わせてクネクネ踊りまくるインド勢!

何が凄いって、そのテンションね!なんとなくビートに乗るとか、軽くステップをふむとか、身体を揺らす、とか言うレベルではなく、もう最初っから全力最高潮ダンシングハイマックス!

どうやったらさっきまでの静かな鑑賞タイムから発狂ダンシングハイ状態に突入出来るのか謎だし、むしろその切り替え方教わりたい!ぶっちぎりの切り替え、凄すぎいいい!

あと踊り方も独特で面白い!私は大学から社会人までよさこいをやっていたんだけど、今までやったことのないステップの数々が飛び出る!!マネしてみると、これがまた音楽にしっくりきて楽しい!!

なるほど、インド音楽にはインドダンスが一番のれる!ピッタリハマると超快感!!

あまり手や足を大きく出さずに身体全体をクネクネくねらせて踊るインドダンス。熱いぞコレ。

そして、親子のお母さんがあなたプロですかってくらいノリノリ爆アゲダンサーでヤバイ!!ちょっと中腰の姿勢から、背中をグイーンと後ろに沿ってフォーー!!ってやったりして!お母さん・・・一生ついて行きます!って感じだった。

ここで覚えたダンスは、蛇使いのダンスと蛇ダンス。

蛇使いのダンスは、両手を笛の形に見立てて笛を吹くように踊る。

蛇ダンスは、両手を合わせてコブラの頭に見立ててクネクネ踊る。

この蛇使いとコブラを2人一組で踊ると超楽しいです。蛇使いのダンスに合わせてコブラダンスすると盛り上がるわー!

写真がないので、気になる方は帰国後にお尋ねください。もれなく私、踊ります!

・・・

30分ぐらい踊りまくって、終了。全員ゼーハー言いながら汗だく(笑)

それにしてもインドのダンスは楽しかった。かっこよさではなく自分が心の底から楽しい!って感情が爆発してる。無邪気に全力!って感じ。

完全に新しいジャンルで発見も多々あり。こんな風に動くのか!っていう驚きがてんこ盛りなので、ダンスやってる人はぜひインドのダンスを体験してみてください。

夜ご飯と天体観測

汗だくゼーハーしながら、迎えたディナータイム。

食堂にいったら、ランチと同じようにビュッフェ形式で準備完了してた。

踊ったあとのご飯。

うんまーー!

見にくいけど、カレースープの左の野菜は焼きナス。これがもうトロッとしてて激ウマでした。

私の三大好物はナス、たまご、トマトなんだけど、このナスは最高に美味かった。三大好物が美味しいとテンション上がる〜。

食後は食堂の屋上へ。

なんと天体望遠鏡が置いてある!みんなでかわるがわる月を見る。なんだか、大人の夏休みみたい。朝の移動から夜の天体望遠鏡まで、内容が盛りだくさんすぎてこれが一日の出来事っていうのが信じられない。この日は疲れ果てて子どもみたいに爆睡。明日に備えます!

・・・

ああ〜長かった(笑)ここまでお付き合い頂き、ありがとうございます。

いや、でも、マングローブはこれから!

1泊2日のマングローブツアー、2日目はいよいよ船で国立公園内に入ってマングローブ探検です!(え、今日みたマングローブは?!って思うけど、今日のマングローブは国立公園外でした)

果たしておだやんとちょくはベンガルタイガーに会えるのか?!

続く!

 

 



ブログランキングに参加中!
記事へのいいね!の代わりに押して頂けると嬉しいです!
下のバナーを 1日1クリックして頂くと順位が上がります。
現在旅行ブログ38400サイト中7位
応援よろしくお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
(Visited 24 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

4 件のコメント

  • こんばんは。いつも仕事の休憩中の癒しに読まさせていただいてます。
    読んでるだけでダンスの楽しさが伝わってきました。羨ましい!

    • ケンジさん
      嬉しいコメントありがとうございます!
      インドのダンスあまりにも楽しすぎるので、オススメです!ヒップホップとまた一味も二味も違う独特な世界観が広がっていますよ!週末に、次の三連休に、インドとか、どうですか?!絶対楽しすぎるーー!

      これからもコツコツ書いていきますので、どうぞよろしくお願いしますー!

      ちょく

  • マングローブってよく聞くけどこういう状態のことを言うんですね。勉強になりました。私もこんな楽しいツアーに参加してみたい!

    • akakuroさん

      私も言葉だけ知っていただけで、実際どういう状況をマングローブって言うのか知らなかったので私自身も今回はとっても勉強になりました。
      知識だけでなく、目で見てその偉大さを実感できたのは本当に良かったし何より楽しかったですー!!マングローブツアー、おすすめです^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA