1日に和食・ベトナム料理・中華料理を食べてヒンドゥーのお祭りを見れる国

ちょくです!

インドネシアを出て、6ヶ国目のシンガポールに到着ー!初日にして、盛りだくさんな内容(主に食事)となりました!

シンガポール到着!朝ごはんは和食!

前日の夜に到着し、空港泊した私たち。実はこの旅初の空港泊でした!

空港泊は宿代が浮くっていうメリットがある反面、移動の疲れが取れず結局宿に行ってから寝ちゃったりするから、良いような悪いような。今回シンガポールは物価が恐ろしく高かったので、空港泊は正解でした。

夜は疲れてて夕飯を食べたあとすぐベンチで寝ちゃったけど、よく見たらなんかオシャレなオブジェが飾ってあった。

涙形の銀色のボールが透明の糸で吊るされていて、音楽とともに滑らかに動いてる。優雅だな~。

「さて、おだやん。朝ごはんどうしましょうかね?」

「空港泊で疲れちゃったから、美味しいものでも食べましょうか」

朝からこんな回りくどい会話をしてるけど、もう二人の心の中は決まっている。

迷いなく、とある店へ直行!!

そして、迷わず注文!!

どどん!!

朝ごはんは和食だ!!

ああー出汁うまああ!神ー!!

目をつけていたのは、日本のチェーン店「さぼてん」のうどん。シンガポールの空港にあったので、迷わず朝うどん、かましてみました。

最近、おだやんと良く話をするのが、「日本食って神」っていう話。食材から出汁をとって、掛け合わせて、うまみが凝縮されてる日本食って、本当に奥深い。ただ薄味なんじゃなくって、繊細で優しい丁寧な料理。ごまかしもきかないから、世界の料理の中でも難しい気がする。

スパイスごりごりの料理も大好きだけど、やっぱり日本食ってホッとするなあ。

タイのタオ島で出会った立城さん(現在はダイビングインストラクターで世界一周経験者)が、「日本食は食べれるときに食べておくべし!」と言っていて、夫婦ともに「確かに!」と思ったので、最近は食べたいと思ったときにそこに日本食があれば食べています。

やっぱり、ソウルフード。心も体も元気になる!

電車でチャイナタウンへGO!

美味しいおうどんを食べたら、さっそく移動開始。

宿へは電車(MRT)を使って向かいます!シンガポール、キレイとは聞いていたけど予想以上にキレイ。

さっそく券売機で、切符購入。

国移動して新しい通貨になると、ちょっと戸惑いつつもワクワクする。でも見慣れないお札はテンパる。

タッチパネル式の券売機は英語、中国語と、4ヶ国語から言語が選べる。日本語はないけど、画面は大きくて分かりやすいので初めてでも買いやすい。

路線図か、駅名を入力する2つの方法で目的地を設定!

と、ここで落とし穴。

なんとこの券売機、お釣りが出ないらしい・・・・

ガーン。

よーく見ると、確かに画面の一番上に注意書きが書いてある。

「お金はぴったり入れてくださいね。お釣りは出ませんよ。」

ひゃー、まったく目に入らんかった・・・。ATMでお金をおろしたばっかりだったから、当然細かいお金もなく。数百円くらい、機械の中に吸い込まれていきました。悲しい。

そういえば、窓口に長蛇の列ができてたんだけど、ピッタリお金がない人は窓口で切符購入していたっぽい。

切符はカード型で、リサイクル式。このカードはとっておいて、次回はこのカードに電車賃をチャージします。日本のSUICAみたいな感じね。

電車を待っている間も、終始シンガポールの美しさに惚れ惚れ。薄汚い恰好でうろついている自分たちが不似合い極まりない。シンガポールのみなさん、ごめんなさい。

電車の乗り心地は快適そのもの!3~40分でつくと思います。

そして電車に揺られて到着した場所は、チャイナタウン!

おお!シンガポールにいながら、中国にいる気分!

っていうかチャイナタウン、もっと雑然としていると思ったら・・なんか整頓されててキレイ!ゴミもない!

物価が恐ろしく高いシンガポールでは、安宿がこのチャイナタウンエリアに密集しています。

でも安宿とはいえ、高い!

東南アジアを回ってシンガポールに辿り着くと、どこも高く感じて失神しそうでした。今回泊まった宿も、色々調べた中で多分最安だったのに、ドミトリーでひとり1140円!(宿情報は後日)

2人で1泊、2300円もするのですよ・・・10人ドミなのに・・・恐ろしい国・・・。

ダブルの部屋に1泊ふたりで4~600円で泊まってきた今までの旅を考えると、かなり高く感じてしまう。っていうか、タイとかベトナムとかが安すぎたんだよね。そうだよね。

お昼はベトナム料理!!

チェックインを済ましたら、ちょうどお昼の時間。

さっそくチャイナタウンで中華を・・・

食べないぜ!

お昼はベトナム料理ー!!

チャイナタウンにベトナム料理のお店があったので、懐かしくなって入ってみました。

揚げ春巻き美味!でも私的には、横に申し訳程度に数本あるナマスがうまい!酸っぱい味付け元気でるー!

懐かしのフォー!パクチー最高!

でも今回のヒットは、お昼のセットについてきたカニスープ!!

なんじゃこりゃ、うみゃー!辛くない料理幸せ。

ベトナム料理、やっぱり美味しい。大好きです。

チャイナタウンで中華料理!!

お昼を食べたら、一気に眠気が襲ってきたので宿に戻ってお昼寝。

空港泊の疲れが出たようで。無理すると、どこかでしわ寄せが出るからね。夜まで寝てました。

そして、夜ご飯の時間になったので街へ繰り出す。

夜ご飯はもう、一択。迷いはない。

もちろん、中華料理!

チャイナタウンには中華料理屋が至る所に!当たり前か!

とにかく観光客で大賑わい!どこのお店も人でいっぱい!

アーケードは屋根があるから雨の心配もなし。中央にもテラス席が所狭しとあって人でごった返してる。道は人とすれ違うときは半身になりながら歩くくらい狭いんだけど、それがまた楽しい。

まるで中国にテレポートした気分の店構え。でもやたらとキレイで整頓されてて不思議。

どのお店も電光掲示板でオススメメニューを紹介してて、ヨダレが出るほどおいしそう。大体どの店も、名物の「チリクラブ」を前面に押し出してる。

どこもメニューはほぼ一緒なので、とにかく混んでいる店をチョイス。

ほぼ満席だった「蟹老宋」というお店へ!

店内では中国人が、中国語を喋りながら、中華料理を食べている!!

これは期待大。中国人が美味しそうに食べてる中華なら、間違いない。

メニューを開く前から頼む予定の名物のチリクラブは、大きさによって値段が異なるらしい。

これが結構お高い。小は32シンガポールドル(約2500円)、大は45シンガポールドル(約3600円)。むむむ、高級料理!!

店員さんが、実物を見せにきてくれた。

「左が小で、右が大よ!」

うううーん、悩みどころ・・・でも名物だし・・・

大きい方のカニ、頂きますー!!

チリクラブー!!

うううう・・・

うんまああああーーー!!!

正直カニをこんな濃い味付けしちゃったら勿体ないよって思ってたんだけど、これ美味しい!

っていうか、タレが美味しい、タレだけでご飯何杯でも食べられる!

はあ、至福の夕飯・・・。

朝は和食、昼はベトナム料理、夜は中華料理と胃の中が大変なことになりました。

こうやって色んな国の料理が楽しめるのもシンガポールの魅力!

インドの伝統的なダンスを鑑賞

一日で3ヶ国の料理を堪能して、お腹いっぱいのおだやんとちょく。

満腹じゃ~っと、陽気に帰路に就く途中に人だかりを発見。

除いてみるとインドのフェスティバルのようなものが開催されていて、外国人も入れる雰囲気だったので除いてみることに。

ほとんど外国人がおらず、まるでインドにいるような雰囲気!

さっきまでチャイナタウンで中国にいる気分だったのに、突然のインド感に戸惑いを隠せない。

奥のステージで、何やら音楽が鳴り響いているので行ってみると、2人の女性が軽やかに踊ってる!

彼女たちが踊っていたのは、インドの民族舞踊。

見た瞬間、ちょっと鳥肌がたった。

独特な踊りは今まで見たことのない動きで、目が離せない。指先の動き、足の動き、すべてがピタッと決まっていて、力強い。

そして何より、表情!!!

目、口、眉を全力で使って、すごい表情が変わる変わる。ニコニコするとか、ちょっと微笑むとか、すまして踊るとかではなく、これでもかってくらいギリッと目を見開いたり、ほっぺ筋肉痛になりそうなくらいグイっと微笑んだり、表情を使った引き込み方は、尋常じゃなかった・・・。

 

これくらい激しくかつオーバーな表情は初めてみたし、見ていてすごく引き込まれて感動した。結局、ちょっとのぞくだけの予定が最後まで鑑賞。

あまりに感動したので、最後はお二人と写真を撮ってもらいました!

お二人とも、現在シンガポールの大学で勉強中なんだって。学生さん!すごい!!

ステキな踊り、ありがとうございました!

・・・

とにかく盛りだくさんな一日。

えーっと、今どこにいるんだっけ?って混乱するくらい、いろんな国の文化に触れ合えたシンガポール初日でした。

おさらいすると・・朝飯:日本、昼飯:ベトナム、夜飯:中国、ダンス:インド。

うおー、4ヶ国!!そりゃ混乱するわ(笑)

次の日はいよいよ、ちょく家合流inシンガポール!

続く!



ブログランキングに参加中!
記事へのいいね!の代わりに押して頂けると嬉しいです!
下のバナーを 1日1クリックして頂くと順位が上がります。
応援よろしくお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スポンサードリンク

関連記事&スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA