サパにある誰もいない滝で水浴び!

ちょくです!

前回記事→サパ郊外の宿「Zizi Homestay」がアジア旅史上No.1の宿だった!

自分たちの旅史上NO.1の宿「Zizi homestay」に宿泊しながらサパを満喫中のおだやんとちょく。まだまだサパの探検は続きます!

バイクで名もなき滝を目指す

サパ郊外の宿で最強の「田舎に泊まろう」体験中のおだやんとちょく。

今日も朝目覚めたら、この絶景。

_e6a9141

ひゃー、たまらん!

この景色に加え、実際は鳥の鳴き声・爽やかな風・足元に人懐っこい子犬がいるんですよ。

これ以上に最高なシチュエーションってあるんでしょうか。いや、ない!(断言)

 

朝ごはんを食べたら、早速サパ探検。

本当は宿で子犬とずっと戯れていたいくらいだけど、近くに滝があるっぽいので行ってみることに。

滝と言っても、有名なやつじゃなくってたまたま地図で見つけた名もなき滝。

 

 

地図でいうと、ここらへん。

どんな滝かは全くわからないけど、そこに滝があるなら行くのみ!という無類の滝好きの我々は滝を探しに出発!

 

 

向かう途中、見える景色のすべてが美しいから何度もバイクを止めては写真を撮るおだやん。

なかなか先に進まない。

DCIM100GOPROGOPR1272.

いつもだったら「おい、早く行くぞ!」って言うところだけど、ゆる〜い時間が流れるサパは人の心をも変えるらしい。

「ゆっくりで良いよ〜」なんて良いながら、おだやんの後ろ姿を撮影する余裕が生まれてる。サパ、すごい。

荒ぶった心を持った人は迷わずサパに行こう。

 

さて。

この日は本当に天気が良くって、確かにどこもかしこも写真を撮りたくなる絶景ばかり。

バイクで走ってると目の前の雲に感動しっぱなしだし、

_e6a9245

棚田は青々として輝いているし、

_e6a9272

もうこれなんか、色々すごすぎて言葉が見つからない。やばいやつ。

_e6a9157

すごい!やばい!ひゃー絶景!!しか出てこない乏しい語彙力。

でも良いんです、絶景は絶景だから!

 

悩んで注文したドリンクが斜め上を行く代物だった

途中、適当に入ったお店でランチ休憩。

_e6a9185

 

コーラが大好きなおだやん。席に着くなり「とりあえずコーラで」と、一人だけ注文して一服。おい。

すぐ後ろが橋と川でなかなか良い景色!この川が滝と繋がってるみたいなので目的地はもうすぐみたい。

_e6a9168

 

対してなかなか飲み物が決まらないちょく。優柔不断な性格で、おだやんとは正反対。

でも「ああー、あっちにすれば良かった!」と思いたくないから全身全霊でメニューとにらめっこ。

_e6a9162

 

真剣にメニュー見てるけど、実は良くわからない。ってか読めない。

そして数分後、勘で選んだ飲み物をついに注文!

 

「これに決めた!りんごのなんちゃらってやつ下さい!」

 

_e6a9174

「・・・」

_e6a9175

「りんご・・・」

 

どうやら私が頼んだのは「りんごジュース」ではなく、「りんごそのもの」だったみたい。

ショックを隠しきれない私に、爆笑のおだやん。

「コ、コーラ、飲んでも良いよ・・(笑)」

ムカつくのでがぶ飲みしてやりました。

 

ちなみにご飯は、可もなく不可もなく。ちょっと脂っこかった・・。

_e6a9177

 

 

これこそ秘境だ!おかっぱ、滝を堪能するの巻

不完全燃焼なランチ後、またバイクを走らせて滝を目指す。

川が流れてるぞ!ってことは目的地はもうすぐそこ。

_e6a9160

 

そして、ついに発見!

_e6a9238

滝ーー!!

 

・・え、どこ?!って思ったあなた。よーく目を凝らして見てください。

奥にあるんです!遠っ!!!(笑)

 

とりあえず橋を降りて、バイクを置いて、川沿いを進む。

周りには誰もいなくて、誰かが歩いた形跡もなくって、未開拓感が楽しい!

DCIM100GOPROGOPR1289.

 

最初の方は平坦な道で歩きやすかったんだけど、

_e6a9190

 

後半からゴツゴツした大きな岩が出現。

_e6a9196

 

歩くっていうより、岩を飛び移る感じで進む・・その姿はカエルそのもの。

_e6a9192 _e6a9195

 

緑のTシャツのおだやん。ゲロゲロ言ってそう。

_e6a9222

 

そして、ついに滝がその姿を現した!

_e6a9207

高さはないけど、滝!滝だ!!

 

滝の麓までは行けなかったので、遠目で滝を眺める。

_e6a9219

 

おだやんは滝よりも私のおかっぱに目が行くらしい。

自分では後ろ姿を見る機会がないので驚いた一枚。見よ、これが噂のベトナムカットだ。

_e6a9216

スパーーーンって切り口が潔くって、最初は嫌だったけど今は結構好きです。

 

滝見る時って、おもわずこんなポーズも取るよね。

_e6a9220

 

リクライニングチェアみたいな角度でここで寝れるってぐらい居心地良い。

_e6a9213

 

日差しと岩と岩の間を飛びまくったおかげで暑かったらしいおだやん。

「ちょっと泳いでくる。」って、野生か!

と思ったけど、見てたら気持ち良さそうだったので私もチャレンジ。ひんやりして気持ち良い!

_e6a9234

誰もいない川、プライベートビーチならぬプライベートリバーでした。

 

地図上の「滝マーク」だけを頼りに誰もいない滝まで来て、川で泳ぐ。

観光地と違って行ってみないと分からないワクワク感がなんとも言えないし、見つけたときの感動は観光地に訪れるよりも感動的。こういう冒険、これからも続けていきたいな、続けていこう!って思った滝探しでした!

 

このあとは、夕日を見に行ったんだけどこれまた絶景が・・・!

続く。



ブログランキングに参加中!
いいね!の代わりに
下のボタンを 1日1クリックで順位が上がります
応援よろしくお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スポンサードリンク

関連記事&スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA