興坪~楊堤、遊覧船定番コースを歩く12kmハイキング!≪その③≫

【これまでの旅ルート】
日本(2016/5/31)→中国①→モンゴル→中国②→香港→中国③→ベトナム→タイ→インドネシア→シンガポール→インド①→ネパール→インド②→エジプト→エチオピア→ケニア(現在地)
※リアルタイムとブログ内容にはタイムラグがあります。

-----------------------------------

ちょくです!

いよいよ目的地『楊堤(ヤンディ)』に向けて、ラストスパート!
お塩で塩分補給してさらに進みます!

前回までの記事はこちら↓
興坪~楊堤、遊覧船定番コースを歩く12kmハイキング!≪その①≫
興坪~楊堤、遊覧船定番コースを歩く12kmハイキング!≪その②≫

 

 

楊堤までラストスパート!

川沿いに出て歩こうとしたらちゃんとした道はなかった。
かと言って、山側にも道らしき道はない・・・

_E6A7714

ということで、川スレスレの場所を歩くことに。

_E6A7715

たまに滑りながら進む。人生滑ってるし、滑るのは慣れてる。

_E6A7718

しばらくしたら、川にかかる石の橋発見!なかなかのクオリティです。良い石橋。

石橋渡って、地図を確認しながらしばらくずーーっと歩く。
歩いてたら行き止まりにぶち当たって、向こう岸には小さな村が。

 

そうそう、あの村に行きたい!!

地図ではあの村を突っ切って進めば楊堤に行けるはず!!

 

向こう岸行きたいな~って困ってた時に、

_E6A7720

おじちゃん現る!!

 

ナイスタイミングだよ、おじちゃん。
本業は渡し船ではなさそうだけど、向こう岸まで送ってもらうことに。

乗船料は一人15元(240円)

渡し船の正式な料金は10元なんだけど、おじちゃん最初二人で60元とか言ってふっかけてきた。
いやいやいや・・と値下げ交渉して二人で30元で乗せてもらいました。

_E6A7723

向こう岸についたら、大量のイカダが。
ストライキの影響なのかもしれない。

_E6A7721

村の入り口はこの階段。

_E6A7724

人が全然歩いてない・・・。

でも、家の中を見ると(大体の家が扉をあけっぱなし)人はいる。
テレビを見てたり、何か作業をしていたり。

_E6A7725

昔ながらのレンガ造りの家が、まだ残っているのも興坪と同じ。
でも興坪以上にタイムスリップ感が満載。

ここで、お昼・・と思ったけど定食屋を見つけられなかったので楊堤までガマン。
ちょっと村を歩いたら学校もあったりして、のんびりした村だった。

_E6A7726

橋を渡って村から出る。この橋、こじんまりしてて可愛かった!

 

橋を抜けたら、またずーーーっと道なり。

アップダウンは全然ないし道もあるから歩きやすいんだけど、とにかく暑くてクタクタ。
汗で塩分だいぶ持ってかれます。塩あって、本当に良かった。

 

そしてついに・・・

_E6A7729

ゴールが見えてきた・・!

 

あの川!あの川を渡ったら・・楊堤!!

渡し船は乗船料一人10元(160円)

 

渡し船で向こう岸までついて振り向いたら、

_E6A7732

圧巻の岩山!

この岩山の麓をずーっと歩いてきたんだなあと思うと、暑くてしんどかったけど歩いて良かったな。

_E6A7733

これが、歩いた証!

『楊堤』の門!!

 

ここまで長かったー、到着時刻は15時!
8:30だったからちょうど6時間半のハイキング。良い運動になりました!

 

朝ご飯以降、塩と水しか接種していなかった私たち、お腹ぺっこぺこ!!!
なので到着して真っ先に向かったのが、ご飯屋さん。

_E6A7744

楊堤、興坪よりもこじんまりしていて、定食屋さんも数えるくらいしかない。

一番ちゃんとしてそうな定食屋さんに入る!

_E6A7734

そして、注文した炒め麺!!
朝ごはんが桂林ビーフンだったから、炒めバージョンにしてみた!

 

これがもう、染みる!

身体に!染みるーー!!!

身体が油を欲していたみたいで、最高に美味しかった。

 

疲れを癒した焼きビーフン一人15元(240円)

 

_E6A7757

お腹いっぱいになったら、腰かけてポーッと川を眺める。

うーん、疲れた。ちょっと寝ました(笑)

 

帰りはバスで爆睡

楊堤に泊まろうか迷ったけど、本当に小さい村で宿を探す元気がなかったので興坪に帰ることに。

ただ、楊堤から興坪に直接行くバスはないので、

ちょっと面倒くさいけど楊堤から陽朔まで行って、陽朔から興坪までバスで行くって方法をとります。

_E6A7746

バス代は、

楊堤→陽朔:20元(320円)/1人

陽朔→興坪:10元(160円)/1人

16時のバスに乗って、19時前には着いた気がする・・確か。
とにかく爆睡の車内でした。

 

ストライキで絶景区間をイカダで川下りは出来なかったけど、そのおかげでハイキングに行くことになって、すごく楽しく絶景区間を歩けたので結果オーライ!

ハイキング、適度な距離なので歩くの好きな人にはオススメです!



ブログランキングに参加中!
記事へのいいね!の代わりに押して頂けると嬉しいです!
下のバナーを 1日1クリックして頂くと順位が上がります。
応援よろしくお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA