《安宿情報》タダでビール飲み放題!ハノイ旧市街「ランデブーゲストハウス」

おだやんです!

ドナドナを歌って客引きを払いのけながらハノイの旧市街に到着したおだやんとちょく。さっそく宿探し!

ハノイ・旧市街で宿探し

ハノイの安宿が密集する旧市街に到着!さっそく調べていたゲストハウスをさがす。探していた宿名は

ランデブーゲストハウス

でも全然見つからない。

そもそもランデブーの綴りを知らないまま探していた。でもどう考えても綴りはRLで始まるはず。でも現地人に聞いてもそんなの知らん!のひとこと。

20分くらい探してようやく見つけました。

_e6a8085

ランデブーゲストハウス。

ランデブーの綴りは
「Rendezvous」

読めるかい!勝手に「Randeboo」的な単語を思い浮かべてたんだけど、想定外の綴り。そりゃ見つからないハズ。

ちなみに「rendezvous(ランデブー)」はフランス語で「時間と場所を決めて待ち合わせる」という意味らしい。なんか日本にいるときは「ひと夏のランデブー」なんて風に使われてたから、つい「偶然の出会い」って意味だとばかり思ってた。

そんな話は置いといてさっそくチェックイン。

Rendezvous Guesthouse

地図でいうとここ。

さっそく中へ!

DCIM100GOPROGOPR1111.

安宿にしてはキレイなロビー。

img_7863

Booking.comでドミトリーは1泊4ドル(=89000ドン)と調べてたので迷わず4ドルのドミを希望。

ちなみにベトナムはいろんな場所でアメリカドルが使えるらしい。どこのゲストハウスやバーの看板にもドル表記があった。

そして連れていかれた3階の部屋がここ。

img_7865

まさにカプセルホテル。

そして

最上段、高すぎッ

最上段の高さはだいたい3mくらい。これ最上段だった場合、ちょく荷物持ったまま登れるの?とか考えてたら

DCIM100GOPROGOPR1106.

スタッフのおじさんが笑顔で

「あなたたちは一番上のベッドよ」

え・・・・

これが1泊4ドルのクオリティ。ちなみに4ドルなのはこの部屋の最上段(3階部分)のみだそうです。

でもちゃんと鍵付きのセーフティーボックスもあるし、エアコンは効いてるし設備は問題なし!

DCIM100GOPROGOPR1110.

2階にはラウンジがあって、コンセントも至る所にあってみんなここでパソコンやらスマホやらいじってた。

Wifiも各フロアごとにあって繋がりもバッチリ!

DCIM100GOPROGOPR1108.

バスルーム。狭いけど綺麗な方。お湯も出る!

DCIM100GOPROGOPR1109.

トイレは手動ウォッシュレット。中国と一緒で水圧が弱くてトイレットペーパーは流せないから、手前の青いゴミ箱に入れる。日本人にとっては慣れるまではいつもの癖で、ついうっかりペーパーを便器に入れてしまう。まあ流れないことはないんだけど。

そしてこの宿に泊まる最大の利点は

毎週木曜日にサービスで「タダでビールが飲み放題」になること!!

詳しくはコチラ

ハノイの宿の神サービス「タダでビール飲み放題」

このあと、いよいよベトナムグルメを探しに街へ!



ブログランキングに参加中!
記事へのいいね!の代わりに押して頂けると嬉しいです!
下のバナーを 1日1クリックして頂くと順位が上がります。
応援よろしくお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スポンサードリンク

関連記事&スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA