中国の基礎情報と物価のまとめ

【これまでの旅ルート】
日本(2016/5/31)→中国①→モンゴル→中国②→香港→中国③→ベトナム→タイ→インドネシア→シンガポール→インド①→ネパール→インド②→エジプト→エチオピア→ケニア(現在地)
※リアルタイムとブログ内容にはタイムラグがあります。

-----------------------------------

おだやんです!
世界一周の旅で2カ国目に旅した中国。中国での滞在もそろそろ1ヶ月経つので、旅の情報をまとめます!

中国・旅の基礎情報

_E6A2675

【国名】中華人民共和国
【首都】北京
【人口】13.7億人(2015年時点)
【言語】主に中国語、一部広東語など
電圧】240V
【気候】日本と同じで四季があり、北部は寒く南部は暑い(冬の都市部は大気汚染がヒドいとの情報)
【水】煮沸しないと飲めない
【治安】西部地域(チベット自治区・新疆ウイグル自治区)は外渡航危険レベル1「特別な注意が必要」(※外務省HPより)
【通貨】人民元
【レート】1元≒16円(2016年6月時点)

 

中国の物価あれこれ

この旅で買ったことのあるモノの値段一覧です!

コンビニや商店にて

水1.5L  3元(48円)
コーラ500ml 3元(48円)
ビール中瓶  5元(80円)
カップ麺大 6元(=96円)
アイス 2元(=32円)
チューチューアイス 1元(=16円)
大きなティッシュ3元(=48円)
オレオ 8元(=128円)

スーパーで買ったモノ

小さいキャベツ 2.5元(=40円)
ジャガイモ3つ 2元(=32円)
卵4つ 3元(=48円)
醤油350ml 2元(32円)
オクラ3本  2元(=32円)
豚肉 200g 3元(=48円)
小ネギ4束 1元(=16円)

その他 食堂や移動など

庶民食堂の1食 10元〜(160円〜)
安宿のドミトリー1泊 25元〜(400円〜)
市内路線バス 1〜2元

 

感覚としては、日本の物価の半分くらいだと感じました。北京など都市部は物価が高く、田舎では安い印象を受けました。

 

スーパー・市場情報

【中国のスーパー】
大きな都市には大きなスーパーがあるけど、都市部から離れた観光地にはスーパーと呼べるものはほとんどありませんでした。北京の大きなスーパーは品揃えが良かったです。

【中国の市場  ※露店含む】
平日だとローカルな住宅街の近くには必ずと言っていいほど露天や市場がありました。ちなみに大体が計り売り。ちなみに野菜や肉、調味料、水などは市場で買った方が安いです。

自炊すると、だいたいひとり一食5元(=80円)くらいに収まります。市場で野菜買って自炊するとオススメ!!

 

合計1ヶ月しか滞在しなかったけど、みんな優しいし、自然は豊かだし、ツバを吐く習慣以外は本当にいい国でした(笑)出来ることなら半年間くらい中国を旅したいものです。



ブログランキングに参加中!
記事へのいいね!の代わりに押して頂けると嬉しいです!
下のバナーを 1日1クリックして頂くと順位が上がります。
応援よろしくお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA