【手作り結婚式】キャンプ場の会場下見ってどんな感じ?

【これまでの旅ルート】
日本(2016/5/31出発)→中国①→モンゴル→中国②→香港→中国③→ベトナム→タイ→インドネシア→シンガポール→インド①→ネパール→インド②→エジプト→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→モザンビーク→南アフリカ①→ナミビア→南アフリカ②(2017/8/18現在)
※リアルタイムとブログ内容にはタイムラグがあります。

-----------------------------------

ちょくです!

結婚式の会場をキャンプ場に的を絞った私たち夫婦。
各キャンプ場の下見について書いていく前に、そもそも結婚式のキャンプ場下見ってどんな感じなの?という点について。
実際下見してみたら、超自由でビックリしました(笑)

 

キャンプ場の会場下見は、自由すぎる!!

キャンプ場に的を絞って、いよいよ結婚式の会場選び。
下見を始めて、気づいたことがあります。

 

それは、

キャンプ場の下見って超自由!

ということ。

 

結婚式場じゃないので、当たり前なんですけどね。
でも行ってみるとその違いを実感して驚きます。

キャンプ場はホテルや式場と違って、予約をして担当者に案内してもらって・・・というのがありません。
当たり前だけど下見は結婚式感ゼロ。ウェルカムドリンクとか、試食とか、そういう諸々は一切ないです。
だって、キャンプするところですからね(笑)

基本的にどこも、まずは管理人さんに挨拶してから自分たちだけで回ります。
私たちは一応事前に電話でアポを取ったけど、飛び込みで行っても問題ありません。

 

「高砂どこにする?」っていう謎の会話が飛び交う下見

キャンプ場について、管理人さんに挨拶したら自分たちで回るのですが、これがまた面白い。

 

「こちらが式場です!」

「こちらが控え室になります!」

「こちらが高砂です!」

 

なんて決まった定位置も一切ないので、現地をみながらふたりで相談しながら進みます。

 

「ここ、高砂にする?」

「控え室ってあっちとこっち、どっちが良いかな」

「クロークって・・・テント張る?え、どうするんだ?」

「っていうか、どこから登場する?キャビンか?」

 

と話ながら回る感じ。

これ、めちゃくちゃ面白くないですか?

 

だって・・・

 

「高砂どこにする?」

 

って普通の結婚式会場下見で言わないじゃないですか!!
高砂どこにするってヤバくない?って自分で言ったあとに爆笑しました(笑)

 

ちなみに高砂の場所ですが、誰もアドバイスはくれません。(どどーん)
完全に自由。決めるのは全部自分たちだからね!ビバ自由!!

自分たちがここが良い!と思ったら、究極に言えばトイレの前だって良いわけですよ。
そんなことしないけど。絶対しないけど。お母さんに怒られる。

 

下見のときに思ったけど、自由な結婚式ってかなり判断力が試される気がする。
適当にしたらバレるし、来てくれる人に申しわけない。

かといって、「A~Cの中からお選びくださいませ~!」っていう選択しを与えてもらえるわけじゃないし、プロからアドバイス貰えるわけじゃないから大変です。いちいち頭を使って悩みまくる。準備中は何回も脳みそ溶けかけました。(笑)

 

 キャンプ場の下見は楽しい!

自由って最高!でも大変!と思った、キャンプ場の下見。
今回結婚式場のために下見に行ったキャンプ場は合計4か所だったけど、すべて楽しかったです。

最初は何をどう見て良いか分からなかったけど、回数を重ねるごとに夫婦で色々意見が出てくるのが面白い!
会場を目で見るとアイディアもどんどん沸いて出てきます。

 

「ここにウェルカムドリンク置いたら良さそう」

「ここのスペースで余興出来そうだね」

「このキャビンをクロークにしたら、スムーズにゲストが動けそう」

「司会はここだな」

 

 

・・・自分たちの成長を、感じます(笑)

想像力も掻き立てられてワクワクするので、結婚式はキャンプ場が良いな、と少しでも思う人は色々見て回ってみてください!



ブログランキングに参加中!
記事へのいいね!の代わりに押して頂けると嬉しいです!
下のバナーを 1日1クリックして頂くと順位が上がります。
応援よろしくお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
(Visited 39 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA