念願の「桂林の川下り」をしようとしたら、衝撃の事実発覚

おだやんです!

ちょくと四六時中ずっと一緒にいると

「アレ取って、ソレじゃなくてさ」
「ソレ、昨日のアレみたい」

語彙力がなくなりそうです。

 

さて、桂林にやってきて、絶景の中でのサイクリングや展望台を堪能中のおだやんとちょく。でも桂林と言えばやっぱり「アレ」

 

桂林で有名なアクテビティ

桂林と言えば・・

川下り!!

 

_E6A6728

こんな景色の中を川下りするヤツ(この写真は違う川で撮ったものですが)

 

漓江下り

って言うらしい!

もうね、これをやるためにわざわざ中国を世界一周ルートに組み込んだと言っても過言じゃない!

まず漓江下りは桂林市内と陽朔の間、数十kmの間が特に「絶景区間」でさかんに川下りのクルーズ船やイカダが行き来しているらしいと、陽朔に来る前にネットで調べてた。

 

「桂林観光の拠点・陽朔に行けばなんとかなるだろ」

と思って陽朔に来たわけです。

 

川下り船&ツアー会社探し

さっそく船を出している業者やツアー会社を探すことに。

陽朔の街には至るところにツアー会社があって、どこも「漓江下り」の看板を写真付きで掲げていた。

 

川沿いを歩いていても、30mおきにおばちゃん達が川下りを勧誘してくる。

その勧誘文句は決まって

 

「バンブー?」

 

おそらく「竹製のイカダで川下りしないか?」を極限まで省略した言葉。

 

省略しすぎ(笑)

 

 

でもこれだけ客引きとツアー会社があるんだから、あとは安いところを選ぶだけ。

二人して

「一番の絶景区間を川下りしてやろう!!!」

と期待が高まっていく。

 

でも相場がわからないし、どんな種類の船がどの区間を走っているかも分からない。そもそも「いつ、どの区間を、どんな種類の船で下るか」を決めないと相場も調べられない。

とりあえず泊まってる宿のスタッフに聞くことにした。

 

 

川下りをしようとしたら、まさかのアレ・・・

「川下りしたいんだけど、どの区間がオススメ?相場とかも教えて!」

宿に戻って、そう宿のスタッフに聞くも、そもそもあまり英語が分からない様子。

 

そこに現れたもう一人の中国人女性スタッフ。

 

「日本人?日本語、少しわかる」

 

とたどたどしい日本語で話しかけてくれた。

 

彼女が我々の日本語を、男性スタッフに翻訳してくれた。

いいぞ!その調子だ!!

まず陽朔近辺では「漓江」と「ユーロン川」の2つが選べるらしかった。でもやっぱり桂林と言えば漓江だから「漓江で川下りをしてみたいんだけど、どの区間がオススメ?」と聞いてもらった。

すると男性スタッフ曰く

「YangDi(ヤンディー)からXingPing(シンピン)の区間が一番絶景」らしい。

 

絶景という言葉に弱いおだやんとちょく、その区間しか考えられなくなってしまう。あとはオススメのツアー会社とか教えてもらえば完璧だ!なんて思ってた。

 

しかし会話の直後、男性スタッフがしきりに

「バーゴン!バーゴン!」

と我々に向かって連呼し始めた。

 

最初は「バーゲン(値段交渉)」の略なのかと思った。「お?まさかここでもツアー出してるのか?さっそく値段交渉する気か?」なんて思ってた。

 

しかし男性スタッフは焦り始め、表情も険しいものになっていく。

そしてずっと「バーゴン」と言い続けてる。

 

「なんか怒らせること言ったかな?」

と我々は不安になった。

 

日本語が少し分かる女性も「バーゴン」の意味を日本語で説明できない様子。

でも女性いわく「今月からバーゴンなの」と言ってる。

 

「そっか〜!今月からバーゴンなんだね〜!」

 

と分かる訳もなく、漢字を聞いてみる。

 

罢工

と書かれた。

 

とりあえずネットを開いて調べてみた。

 

 

罢工:ストライキ

 

あー、ストライキね。なるほどね〜。よくあるよね〜。

 

 

 

ってなるかい!

 

まさかのイカダ船頭たちのストライキ突入の知らせ。

とてつもないタイミングで桂林にやって来てしまった・・・

 

ど、ど、どうする!?

 

続く。

 



ブログランキングに参加中!
いいね!の代わりに
下のボタンを 1日1クリックで順位が上がります
応援よろしくお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スポンサードリンク

関連記事&スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA