突撃隣の晩ご飯パート2inモンゴル!

ちょくです!

ゴビ砂漠をチラッとみたらすぐ中国に行く予定だったのに、気づけば砂漠の街・サインシャンドでの滞在も5日目に突入!都会を離れ田舎に来てから、素晴らしい出会いに恵まれています。

そしてまたもや!素敵な出会いとおもてなしが・・・!

砂漠の街サインシャンドを散策

「そういえば自分たちの足でこの周辺歩いてなかったよね」と、気づいたサインシャンド滞在5日目。

贅沢なことにいつもバタールが送迎してくれていたから、あまり町歩きをしていなかった。

_E6A2435

駅の反対側にはまだ一度も行ったことがなかったので、歩いてみることに。

_E6A2444

線路の向こう側は、町側と違ってすぐそこに砂漠が広がっている。

砂漠というとサラッサラの砂丘をイメージするけど、ここゴビ砂漠は草がまばらに生えた砂漠が特徴。

_E6A2426

歩いていると、こういう毛によく遭遇する。

多分これはラクダの毛皮。

 

そして、今まで中央モンゴルや首都ウランバートルではみなかった光景もあった。

※お食事中の方など、閲覧注意です。苦手な方はかっ飛ばしてください。

 

 

 

S__12623875 _E6A2440

 

自然って時に残酷。

歩いていると、馬、牛、ヤギ、犬・・・様々な動物の亡骸を目にする。

 

_E6A2446

ちょっと進むと、ゲルが見えた。

こんな砂漠地帯でも、ゲルをたてて暮らす人々がいる。

_E6A2445

そしてゲルの左手には、小さな集落。

家の感じからして、あまり裕福ではない人々が住んでいる気がする。

スラムというほどではないけど、駅を挟んでちょっと違う空気が流れていた。

 

宿に戻ってからは自炊!

thumb_IMG_7147_1024

宿近くのマーケットで買ったトマト野菜ディップ(辛くないサルサ的なもの)がかなり優秀!

このトマト野菜ディップをお湯で薄めて、コンソメとパスタを入れるだけで・・・

thumb_IMG_7148_1024

ここ最近お気に入りのスープパスタ!

トマトディップに野菜がゴロゴロ入ってるから、追加で野菜を買う必要もなく楽チン。

コンセントに挿すだけのクッカーは、キッチンがない宿で活躍するのでおすすめです!

_E6A2456

自炊していたら、窓の外に馬出現!

たまーにこういう光景を目にするから、窓辺で自炊はやめられない。

この子達はどこかの誰かの家畜らしいんだけど、あまりに自由すぎて焦る。

ちゃんと家に戻るのかな?

 

ついに中国に向けて切符購入!

砂漠をチラ見するだけのはずが、気づけばここに来てもうすぐ一週間。

まだまだサインシャンドにいたい気持ちもあるけどこれから先は長いし、

何よりウユニ塩湖は絶対に雨季に行きたいから移動することを決断!

 

ということで、さっそく駅へ。

_E6A2460

駅の前にはゴールドに輝くモンゴルマップ!

これ、めっちゃ分かりやすい。もしお土産が買えるなら、このマグネット欲しい(笑)

 

_E6A2453

列車の切符はサインシャンド駅で購入できます。

_E6A2448

いや、正確には駅の裏で買えます。これ、知らなかったら絶対正面行っちゃうよね。

_E6A2457

私たちは、「二連浩特」という場所まで購入。

切符はなんと、アノカちゃんが付き添って買ってくれた!

この子は天使か!!

_E6A2458

そしてゲットした二連浩特行きの切符。

 

深夜2:49発〜朝7:00頃着の深夜便。

一人5000トゥグリク(約278円)

 

モンゴルは鉄道が本当に安い!!

日本も交通機関がもっと安くなれば良いのに。

 

お宅訪問3軒目!日本語が話せる少年

切符も買えたところで夕飯のお時間です。

 

今日の夕飯は・・・

_E6A2418

従兄弟のエリコくん家で頂くことになっているので向かいます。

選挙のときに出会い、「うちでもご飯食べて行きなよ!」と招待してくれていたのです。

 

ありがたや。

 

しかもエリコくん、なんと日本語が話せる!

 

なんたるスーパー小学生。

お父さんの転勤で数年日本に住んでいたんだとか。それにしてもペラペラです。

まさかサインシャンドで日本語を話せる少年に出会えるとは思っていなかったので、我々もテンション上がります!

 

_E6A2469

はい。モンゴルのお宅訪問、3軒目です(笑)

『突撃!隣の晩ごはん』よりスムーズにお宅訪問している気がする・・・。

どうも、ヨネスケです。いや、チョネスケです。

 

エリコ家にお邪魔すると、

_E6A2466

まず出てきたのはモンゴル定番、塩ミルクティー。

モンゴルではお客さんがくると必ずといって良いほどこの塩ミルクティーを出す文化があります。

今までも、いろいろな場所で塩ミルクティーを頂きました。

 

飲んでみて、あれ?今回の塩ミルクティーいつもと違う。

表面に薄っすら油が浮いている・・・??

と思ったら、なんと今回のミルクティーは干し肉フレーバー!

_E6A2474

こんな感じのマトン肉を塩ミルクティーに入れて作っているとのこと。

飲み物なので、お肉は出汁(?)を取るだけ。肉が具としてあるわけではない。

お味はティーというよりも、スープに近いかも。

 

エリコ家ではテレビでNHKを流してくれたり(モンゴル語吹き替え)、

_E6A2470

秋篠宮ご夫妻がサインシャンドを訪問したときの記事が載っている雑誌を見せてくれたり。

私たちのために、日本のあれこれを見せてくれます。

 

そして、エリコくんと日本語でのトーク。

数年しか住んでいなかったのに、普通に喋れているからすごい。子どもの吸収力はスポンジだ!

千葉県に住んでてー、○○線が最寄駅でー、と日本トーク炸裂!

 

そんなこんなしていると、待望のご飯登場・・・!

_E6A2475

マトンと卵の炒め物、マッシュドポテト、ご飯!!

 

炒め物はボンボへパパとエリコくん作。マッシュドポテトはなんとエリコくんが一人で作ってくれたらしい。

ウマーーー!!!

おだやんもわたしも、おかわりしました!

 

ご飯の赤いのはケチャップです。

モンゴルではご飯にピリ辛ケチャップを付けるのが定番。定食屋でも、ご飯には必ずケチャップがトッピングされてでてきます。ケチャップは国によって色々味が違うけど、モンゴルのはピリ辛で美味しい。

ちなみに日本に来たことがある人によると、日本のケチャップは甘いらしい。

 

_E6A2476

みんなでワイワイ食卓を囲む。

モンゴルでは親戚同士の絆が深く、こうやって集まってご飯を食べることも良くあるんだとか。とくに今は夏休みで、ウランバートルの大学に通うアノカちゃんや他の親戚も里帰りで集まっている。

 

そういえば、中央モンゴルで泊まらせてもらった遊牧民のお宅も親戚同士で暮らしていた。親戚も家族同然って感じなんだろうな。日本も昔はそうだったけど、核家族化してきているからちょっと羨ましい。

 

アノカちゃん一族に「親戚が多すぎて混乱してきたから家系図書いて!」とお願いしたら、凄い遠い親戚までいてびっくり。人数を数えたらザッと25人以上。すげ。

 

美味しいご飯のあとは、

「外で遊びたい!」
「公園だあああ!!」

という子どもたちのリクエストで家の前の公園へ。

_E6A2480

こんなに明るいけど、もう夜の9時近い。

 

_E6A2499

無我夢中で砂遊びをするメンズ。

_E6A2492 _E6A2485 _E6A2484

無邪気に公園で遊ぶ子どもたちは、日本と何ら変わらない。

日も暮れてきたので、キッズたちとお別れ。

_E6A2503

駅の反対側を散歩して、列車の切符を買って、みんなでご飯を食べて、公園で遊んだ一日。

観光名所に行ったわけでも、絶景を見たわけでもないけど、充実感で満たされている。アノカちゃん一族のみなさんには、感謝の気持ちでいっぱいです!

明日はついにサインシャンド最終日。お別れが辛い・・・

続きの記事→モンゴル最終日、日本食でおもてなし!

 

モンゴルの記事をまとめました!

絶景、グルメ、宿、移動、お金のことなどいろんな旅情報が詰まってます!
↓↓↓
【世界一周】モンゴルの旅記事 総まとめ

 



ブログランキングに参加中!
記事へのいいね!の代わりに押して頂けると嬉しいです!
下のバナーを 1日1クリックして頂くと順位が上がります。
応援よろしくお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
(Visited 144 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA