九塞溝に行く人にオススメ!成都の宿「Mrs.Panda Hostel」

【これまでの旅ルート】
日本(2016/5/31)→中国①→モンゴル→中国②→香港→中国③→ベトナム→タイ→インドネシア→シンガポール→インド①→ネパール→インド②→エジプト→エチオピア→ケニア(現在地)
※リアルタイムとブログ内容にはタイムラグがあります。

-----------------------------------

成都に到着しました!ちょくです。
3泊した宿の紹介!成都から九塞溝に行く予定の人は、バス停が近いので超便利です!

 

成都の宿「Mrs.Panda Hostel」

私たちが成都でお世話になったのは、「Mrs.Panda Hostel」というなんとも可愛らしい名前のゲストハウス。
中国語表記は「熊猫夫人青年旅舍」でこれまた可愛らしい。

 

錦江駅から徒歩15分、もしくは地下鉄華西ハ駅から5分のところに位置するこちらの宿。

_E6A3147
向かってる途中は、「こんなビル街にゲストハウスなんてあるのか?」と半信半疑だったけど、

_E6A3149

道を曲がった奥にありました!

 

ここの受付は、

「中国で宿泊した宿の受付ランキング」堂々の第一位!(小田夫妻が勝手に監修)

理由はですね、笑顔です笑顔!!!
学生さんと思わしき若者たちがにこやかに爽やかに出迎えてくれます!
北京の宿はあまり笑顔で対応してくれる感じではなかったので、これがかなり嬉しい。(でもとても親切でしたよ)
英語は話せるし、とても親切だし、とにかく笑顔だし!(ここ重要)、申し分ないです。

宿の値段は

4人部屋:一泊 40元(640円)
6人部屋:一泊 35元(560円)

激安ではないけど、成都のお宿の中では安い方。
この後ご紹介する部屋の雰囲気を見れば、とっても安いと思います。

バス停激近!九塞溝に行く人にオススメ!!

私たちはもともと九塞溝という場所に行きたくて成都に来た。

九塞溝へは成都の町からバスが出ていて、バスで10時間くらい。結構遠い。
そんなバス移動を控えた私たちにとって、このゲストハウスは神がかっていた。

というのもミセスパンダホステルは、

とにかくバス停が近い!

DCIM100GOPROGOPR0936.

宿の裏にバス停があってそこでバスチケットもすぐに買えるし、乗る日も朝起きて徒歩5分もかからず到着。
帰りも、宿の裏手にバスが止まるから宿まですぐ!最高!成都から九塞溝に行こうと考えている人は、ミセスパンダ、超オススメです!

あと、九塞溝に行くと行ったら数日荷物を預かってくれるバゲージサービスもやってます。
ほとんどの宿泊客が九塞溝に行くみたいで、カバンを置く専用スペースがある!

私たちも、九塞溝には2泊しかしないと決めていたのでサブバッグに必要なものだけ入れてバックパックを預けて九塞溝へ行きました。
身軽に九塞溝へ行けて助かったー!

部屋は別館!ホテル内の一室へ

お待ちかねのお部屋!
受付を済ませると「部屋はこっちね」とゲストハウスを出るスタッフ。
そして向かった先は、ゲストハウス前にある普通のホテル。

DCIM100GOPROGOPR0932.

ホテルのフロント前を歩く私たち、完全に場違い。

こんな良さげなところ私たち入っちゃって良いんですか・・・とオドオドしていると、なんとここに私たちの部屋があるらしい。
というのもこのホテルは、一部の部屋をゲストハウスに開放している。
「一部」なので、普通のホテル利用客ももちろんいて、廊下には中国人と外国人が入り混じってて不思議な感じ。

DCIM100GOPROGOPR0928.
ゲストハウス用の部屋は普通のホテルの部屋を改装して、ドミトリー仕様にしている。
建物はホテルだけど、部屋はゲストハウスという不思議な感じ。

でも薄っぺらいマットレスの二段ベッドじゃなくて普通のフカフカベッドだし、タオルもキチンと置いてある。
そしてホテル内だからか冷房の効きは良いし、綺麗だし、快適!
私たちは4人部屋(3階)、6人部屋(2階)どちらにも泊まったけど、ベッドの数の違いだけで質は同じでした!

 

シャワー・トイレ・洗面所

シャワー、トイレ、洗面所は共同!

DCIM100GOPROGOPR0929.
シャワー。夜はちょっと混むので注意。お湯でるし、まぁ、良い感じ。

DCIM100GOPROGOPR0931.

トイレ。和と洋二つあります。トイレットペーパーがあるー!!嬉しい。
中国のトイレはトイレットペーパーがない時があるので、これはさすがホテル!と思った。

DCIM100GOPROGOPR0930.

洗面所。広々としていて使いやすい〜。

 

 

・・・

栄えてる場所ではないけど、静かで落ち着くゲストハウス。
学生街のすぐそばで、スタッフはさわやかな学生が多い。しかもほとんどの子が英語を話せるし、日本語が話せるスタッフも2人いた。
学生街が近いということで、安い定食屋も多くご飯にも困らない!美味しいご飯にありつけます。

あとは、長距離バスのバス停がゲストハウスのすぐ裏なので、成都から九塞溝へ行く予定の人には超便利です。
「九塞溝に行くためだけに成都に泊まる」とかいう人なら、ここに泊まった方が良いかも。

IMG_7348

受付近くには周辺のMAP。これが結構わかりやすい。
成都の街散策するためにはバスに乗る必要があるけどそのバス停も近いし、受付のスタッフが親切に教えてくれるので安心です。

成都に宿に困ったら、是非ー!

 

ブログランキングに参加中です!
1クリックで応援よろしくお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



ブログランキングに参加中!
記事へのいいね!の代わりに押して頂けると嬉しいです!
下のバナーを 1日1クリックして頂くと順位が上がります。
応援よろしくお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • こんにちは
    成都九寨溝に行く計画をしています。ネットはどこが使えますか、
    ご教示をお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA