次に向かうは砂漠の町!UBでサインシャンドまでの切符をGET!

ちょくです。

中華料理ってなんでこんなに美味しいのでしょうか。なにを食べても美味しい・・・幸せ。

しかし!このブログはまだまだモンゴルを攻めてまいります。時差がありますが、「まだモンゴルかよ」と思わずお付き合いください。

 モンゴル最高ですから!!

さて、モンゴルの首都ウランバートルに滞在中私たち夫婦もそろそろ次に移動。重い腰を上げて、次の町へ列車の切符を購入!

大草原の次は・・・?

気づけばゲストハウスでも古株になっていた私たち夫婦。

予定ではすぐに中国に行くつもりだったけど、モンゴルが好きすぎてもう少しモンゴルの旅を続けたい!
悩んだ末、モンゴルを攻めることにしました。・・・はい、モンゴル愛が止まりません。

さて、モンゴルのどこへ行く?

と、地図を広げて目に入ったのは・・・

 

「ゴビ砂漠」

 

そう、ここモンゴルには大草原だけでなく、砂漠もある。
私たちはまだモンゴルの砂漠をきちんと見ていない!!

ここだ!
よし、砂漠にいこう!!

 

とは言うものの、こちらをご覧ください。

スクリーンショット 2016-06-29 17.22.50

本当ゴビ砂漠広い!

 

南の方、どこもかしこもゴビ砂漠。

スクリーンショット 2016-06-29 16.50.51

近づいて見てみるとこんな感じ。

現在地のウランバートル(青星)からダランザドガド(紫星)という町へ行くパターンも考えたけど、そこから中国に入るには、またウランバートルに戻らなくてはいけません。来た道を戻るのはお金も時間も勿体ないような気がして、微妙。

もっと効率よく砂漠を堪能できる場所はないのかな?

そこで思い出したのが、

「サインシャンド」

という町。

ここは、モンゴルに行く道中に仲良くなった香港人から「恐竜で有名だ」とだけ聞いていた場所。

残念ながらゲストハウスに置いてあった「地球の歩き方(11〜12年版)」には乗っていなかったので、小さな町みたい。

スクリーンショット 2016-06-29 18.13.17

ここの良いところは、ウランバートルと北京を結ぶ列車を途中下車するだけだから、来た道を戻る必要もない!ということ。神。
情報は少ないけど、砂漠と恐竜に高まる我々夫婦。

 

こ、ここだ!

次の目的地は、
サインシャンドに決定!

切符を求めウランバートル駅へ

行き先も決まったところで、早速列車の切符を買いに駅まで歩く。

IMG_0366

ゲストハウスから歩いて20分のウランバートル駅。

IMG_0353

の、左隣にあるこの建物でチケットを買う!

IMG_0364

中は平日の昼間にもかかわらず、人でごった返し。

え、混みすぎ!
祝日?仕事は?お昼休み??
よくわからないけど、めっちゃ混んでる。

窓口には番号が掲示されていて、日本の銀行みたいに、整理番号を取って待つ感じ。

私たちも整理番号をゲット!

と思ったら順番まで40人くらい待たないといけない…40人て…

ということで、この間に昼食!

D51A833B-2AF1-4317-A38E-D2C8AB96738B

 

整理券を取ってから呼ばれるまで1時間15分くらいかかったけど、
お腹も空いていたし、戻ったらちょうど呼ばれたし、良かったー。

ついに、切符購入!

サインシャンド行きの列車は、一日2便。

①10:15ウランバートル発→19:57サインシャンド着
②17:30ウランバートル発→2:49サイシャンド着

私たちは深夜に到着するのは嫌なので、①を選択。

値段は1番安い寝台列車で、

一人9100トゥグリク(約505円)

9時間も列車に乗るのに、激安!!!

 

窓口のお姉さんは少し英語が話せたので割とスムーズ。パスポートを見せて、お金を払って…

IMG_0361

列車の切符ゲット!

なんともスムーズにゲット。もうモンゴルの鉄道は制した!!

 

 

これで、もう後戻りはできない・・・

砂漠と恐竜の町。これしか情報がないサインシャンド。

不安と期待を胸に向かいます!

明日は9時間の寝台列車移動!

続き→日中の列車内はトランプブーム!9時間の列車移動でサインシャンドへ

 

モンゴルの旅記事まとめました!

絶景、グルメ、宿、移動、お金のことなどいろんな旅情報が詰まってます!
↓↓↓
【世界一周】モンゴルの旅記事まとめ



ブログランキングに参加中!
記事へのいいね!の代わりに押して頂けると嬉しいです!
下のバナーを 1日1クリックして頂くと順位が上がります。
応援よろしくお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スポンサードリンク

関連記事&スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA