【最安】北京からウランバートルへ!2泊3日の大移動①中国夜行バス編

おだやんです。

前回記事→北京で有名な夜市・王府井エリアを散策!

さて、今回は中国・北京からモンゴルの首都ウランバートルに一番安い方法(¥4450)で移動したので、その詳細を綴っておこうと思います!

北京〜ウランバートル激安大移動!寝台バス&夜行列車

まず移動を前に北京ーウランバートル間の移動手段を調べました。

北京からウランバートルまでの移動手段3つ

①飛行機(2時間)
片道23,000円〜

②国際列車3等寝台(30時間)
片道22,700円〜

③夜行バス&夜行列車(2泊3日)
片道4450円〜
※参考にしたのはskyscanner,Travel China Guide,地球の歩き方

 

ダントツで③の夜行バス&夜行列車の組み合わせが最安!

 

この③、厳密には交通手段は以下の3つを乗り継いでいます。

寝台バス
北京二連浩特(エレンホト)

180元(=2880円)

国境越えバス
二連浩特ザミンウード

50元(=900円)

③夜行列車
ザミンウードウランバートル

11950tgr(=670円)

これらの合計はなんと

約4450円!

 

2泊3日はかかるものの、あまりに安かったのでバスと列車で移動することにしました。

北京からウランバートルまで1200km!風呂なし2泊3日の大移動の始まりです。

 

バスチケットを求め北京のバスターミナルへ

まず北京からモンゴルの国境の街「二連浩特(エレンホト)」に行くための夜行バスチケットを買いに行きました。

向かったのは

「木樨園長距離バスターミナル(木樨園長途客汽車站)」

読めない!

 

地図でいうとここです。

北京中心部から少し南にあります。

ゲストハウス近くから地下鉄10番線に乗って「大紅門駅」で下車。「大紅門駅」から北東に徒歩で10分。

GOPR0044

節約のため歩きました。

 

途中、ターミナル手前にあるバス駐車場に間違えて入ってしまいました。

すると怪しげなおじさん達から

「こっちのバスに乗れ!安いぞ!」

と勧誘を受けそうになった為、マイワイフがおじさんにキレました。タトゥーの入ったおじさんより嫁の方が怖かったです・・・

 

バスターミナルの場所が分からなかった我々は、近くにいた警備員のお姉さんに

「モンゴル行きのバスチケット売り場に行きたい」

といろんな手段を駆使して伝えました。

すると!

なんとお姉さん

「私について来なさい!」

的な中国語を発し・・・

GOPR0046

連れて行ってくれました!優しい!隣の敷地の警備員なのに・・笑

そして着いたのがこの大きな建物

GOPR0050

「木樨園長途客汽車站!」

読めない!表通りでなく裏通りに面していたため分かりにくかったんです。

GOPR0051

さっそくカウンターで「二連浩特」行きのバスチケットを買います。やりとりは筆談でどうにかなります。

_E6A0067

ひとり180元(3240円ほど)でチケットをゲット!

出発は毎日16時半とのこと!

_E6A0076

ターミナルの待合室に売店があります。

_E6A0072

夜行バスなので、軽食と水を買っておきました!

水は4元(70円ほど)、クッキーはひとつ5元(90円ほど)

 

_E6A0078

そして時間になってバスに乗り込めるかと思いきや・・・

案内人のおじさんが乗客に「ついてこい!」といってターミナルの敷地外に歩き出しました・・・え?

GOPR0057

着いたのはターミナルから徒歩5分の空き地。どこだよ(笑)

なんか怪しい!!

さらに怪しいことに、バスは2時間遅れるのだそう。

GOPR0059

そして「ここで待て」と言われ、小さな亀をなで続ける謎のモンゴル人や唯一英語がしゃべれる40代くらいの香港人の男女たちと気長に待ちました。

2時間後

_E6A0081

バス到着!

やっと乗れる・・・と思いきや・・・

_E6A0079

モンゴルの商人らしきたちが大量の荷物(おそらく買い付けたもの)を車からおろし

IMG_6721

バスに積み始めました・・

半分の乗客は、荷物をバス内に持ち込まないといけなくなってしまいました・・!

そして初めての寝台バス!

GOPR0060

3列2段のベットが6個ほど並んだバス!

でも全身伸ばせて、日本の長距離バスよりくつろげる!!

IMG_6739

しかし通路は荷物でいっぱい。出られない。

そして

GOPR0062

ベッドに番号がテキトーに書かれているため、全員が席番号を気にせず乗ってしまいました(僕もです・・笑)

すると

「お前の席はここじゃないだろ!おいコラ!」

「じゃ代わりにお前の番号の席にいくから番号教えろ!」

みたいな怒号が飛び交い、一時戦場と化した出発前のバス内。

しかし「コトバ、ワカリマセーン」と終始笑顔でいると、なんとかなりました。

そして出発から5時間くらいするとトイレ休憩のため停車。

IMG_6730

このトイレ、個室に扉がないので、みな互いの顔が見える状態で用を足すタイプのトイレでした。

(ニーハオトイレと呼ぶらしいです・・)

IMG_6733

そして駐車場敷地内にある食堂で夕食を食べたい人は食べてね〜という感じの休憩。

IMG_6732

1食25元(450円)・・高い!!

バスと提携しているので価格は高めと事前に知っていたので、

友人からもらった宮崎土産のマンゴー饅頭とグミ、そして買っておいたリッツで飢えを凌ぎました。

 

30分ほど休憩したのち、再出発。

途中、どこかで3時間ほど運転手も仮眠をするため停車してました。

そして朝5時頃目がさめると・・・

_E6A0084

えっと・・・ここは・・・

_E6A0085

砂漠!!

 

軽く興奮しました。笑

ここで、急に大きい方がしたくなった僕は
「トイレに行きたきゃバスを止めるルール」にのっとり、バスを止めました。

そして運転手は満面の笑みで言いました。

 

「さあ、ここがトイレだよ!!行っておいで!!」

IMG_6741

わっしょーーーーい!

 

いろんな意味で爽快でした。一度経験してみると、やみつきです。

 

そして朝7時半、二連浩特バスターミナルに到着。

IMG_6742

それにしても寝台バスは、非常に心地よく寝られました!

あとは、ここから国境越えのバスでザミンウードに行き、ザミンウードから夜行列車に乗ってウランバートルを目指します。

続き→北京からモンゴルへ!2泊3日の大移動②モンゴル夜行列車編

 

各国の旅記事をまとめました!

絶景情報やグルメ、宿、移動などいろんな旅情報が詰まってます!
↓↓↓
モンゴルの旅記事・総まとめ

中国の旅記事・総まとめ



ブログランキングに参加中!
記事へのいいね!の代わりに押して頂けると嬉しいです!
下のバナーを 1日1クリックして頂くと順位が上がります。
応援よろしくお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
(Visited 1,447 times, 4 visits today)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA