【手作り結婚式】ついに、会場決定!

結婚式のために髪を少し染めるか悩み中のちょくです。いや、でも黒髪でいこう。

異なる3つのキャンプ場を下見した私たち。南足柄市のキャンプ場からの帰り道で、夫婦でメリットデメリットについて話し合いました。(3つのキャンプ場詳細は過去の記事を参照)

 

会場ごとのメリットデメリット総まとめ

会場下見1;「柳島キャンプ場」(茅ヶ崎市)

<メリット>

・都内からのアクセスが良い

・海がすぐそばで、木も生い茂っている

・実家から近く、準備をするにも便利

<デメリット>

・海風が心配(ちょっとベタついたりもする)

・披露宴をする場所が長方形で場がまとまりにくい

・木が等間隔に密集していて式が見えにくい人も出てきそう

・結婚式の実績なし

 

会場下見2;「氷川キャンプ場」(奥多摩)

<メリット>

・観光地なのでアクセス抜群

・「奥多摩」というメジャーな場所で、都内からも電車で来れる

・河原でキャンプファイヤーもできる

・結婚式の実例あり

<デメリット>

・河原が増水したらどうする・・・?

・会場が広く、貸切が難しい

・必然的にプランナーさんを介して準備するので、完全に手作りではなくなるかも

 

会場下見3;「ezBBQ country&campingキャンプ場」(南足柄市)

<メリット>

・小さめで円形な会場でまとまり感が出しやすい

・中央に木があり、高砂を置いたときのイメージができる

・キャンプ場自体が2012年に再生、とてもキレイで清潔感がある

・結婚式の実例あり

<デメリット>

・都心から遠く、知名度も微妙、アクセスも悪い

・親族など、遠方からの人には厳しい立地

・近くにコンビニやスーパーなど、すぐに物を調達できる場所がない

 

 

・・・とまあ、こんな感じ。

会場設計自体に難がある柳島キャンプ場はここで落選。
奥多摩の氷川キャンプ場と南足柄市のezBBQキャンプ場に絞られました。どちらの会場も結婚式の実例があり、それぞれ違う魅力があってなかなか選べない。アクセスの良さは氷川。貸切れるのはezBBQ。

さあ、どっち?!

 

会場決定!!

 

話し合った末、私たちは貸切りができ、自由度の高いezBBQキャンプ場を選びました。

アクセスの悪さはチャーターバスを手配することでカバー。アウトドア結婚式の時点で参列者のみなさんにはご足労をかけるけど、なるべく負担をかけないように慎重に。楽しい結婚式になりますように!

会場が決まれば、あとは中身!ここからが本番ですよね!頑張っていきます!!



ブログランキングに参加中!
記事へのいいね!の代わりに押して頂けると嬉しいです!
下のバナーを 1日1クリックして頂くと順位が上がります。
応援よろしくお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
(Visited 148 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA